Skip to content

子供の習い事には内面的な成長ができるものを選ぼう

あんなに小さかった我が子が大きく成長したら、「そろそろ習い事を始める時期かな」と思い始めるものです。習い事と言っても運動系や学習系、音楽系など様々な分野のスクールがあり、迷ってしまうこともあるでしょう。こちらのサイトでは子供の習い事としておすすめなものを紹介しています。ただそれぞれの能力を鍛えるだけでなく、子供が内面的に成長できるようなスクールを選んで紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

いざ内面的に成長できるスクールを探そうと思ってもなかなか難しいと思います。どのように探していいかもわからず、時間もかなり費やしてしまうことでしょう。そこでこのようなサイトがあったらいいなと思いこのサイトを立ち上げました。
このサイトでは、「協調性を伸ばせる習い事」「自立心を伸ばせる習い事」「マナー・礼儀正しさを伸ばせる習い事」「コミュニケーション能力を伸ばせる習い事」の4つの希望タイプに分け、私が選んだ子供におすすめの習い事を厳選してみました。各習い事の特徴や評判などは詳細ページにまとめてみたので、そちらも確認してみてください。

協調性を伸ばせる

どんな社会でも求められるのは協調性です。親の元を離れ社会人として生活するようになった時に協調性がなければ困ってしまいます。「どうやったら協調性なんて伸ばすことができるんだろう」と心配になるかもしれませんが、習い事をきちんと選ぶことで子供の協調性はしっかりと養うことが可能です。マンツーマンの習い事も多くなっていますが、グループでのレッスンやスポーツなどチームで戦う競技は否が応でも他人と力を合わせたり仲良くしたりということが必要になります。こういった性質の習い事に通わせれば、難しく考えなくても子供は自然と協調性を養い、集団の中で生きていく術を身に付けるものです。こちらの記事では協調性を伸ばしやすい習い事を紹介します。


自立心を伸ばせる

大人になるにつれ、子供が親の力を借りるシーンは少なくなっていきます。親としてはなんだか寂しさもありますが、やはり我が子の自立した姿を見るのは誇らしいものです。学校へ通い、クラスの友達や先生と接しているだけでも子供はどんどん自立していきます。それに加えて、習い事などクラスの友達とは違う他者と接する機会が多くあれば、子供はよりたくましく成長していくものです。習い事で自分に自信がついたら、より自立心は向上し、ひとりでに次のステップへ成長していきます。親として子供を教育し、何かを伝えていくのはとても大切なことです。しかしそれと同時に、子供を外の世界へ送り出し、自立して成長していける環境に置いてあげることも大切なのです。こちらの記事では子供の自立心を伸ばすために有効な習い事を紹介します。


NO.2

自分で動く主体性が生まれる

学習塾
(スクールIE)

1おすすめポイント

<Point 1.>
教科数や受講回数など都合に合わせて変えられる、完全オーダーメイドの受講スタイル。


<Point 2.>
個人に合った最適な指導で学力を高め、健全な自己肯定感を与える。

詳細はこちら 公式サイトはこちら

マナー・礼儀正しさを伸ばせる

社会において縦のつながりは避けて通れないものです。子供のうちはクラスの友達と仲良くしていればよかったものの、大人になったら同じ年齢の人や仲のいい友達とだけ接していればいいというわけにはいかなくなります。初対面の人に好印象を持ってもらうことは社会において非常に重要なポイントです。子供が大きくなってから困らないように、小さいうちからマナーや礼儀正しさを身につけさせることが大切です。習い事によっては、より礼儀正しさが重視される分野のものもあります。講師という、親とは違う大人と接する機会も子供がマナーや礼儀正しさを学ぶきっかけになるのです。こちらの記事ではマナー・礼儀正しさを伸ばせる習い事を紹介します。


NO.2

子供の内面的な成長まで指導

野球
(ポルテ)

1おすすめポイント

<Point 1.>
指導員が教育・安全・指導の厳しい研修を定期的に受けているので安心して任せられる。


<Point 2.>
学校とはまた違う集団の中で、まじめさ・忍耐力・勤勉性などをバランスよく学べる。

詳細はこちら 公式サイトはこちら

コミュニケーション能力を伸ばせる

人間は言葉を話す生き物です。他者と関わりを持つ上で、言葉による意思の伝達と自己表現は欠かせないものとなります。また、コミュニケーションを円滑に行うためには言葉だけでなく表情や身振り手振りなど、様々な要素が必要になります。親と喋っているのとはまた違う環境で、他者との関わりを持つことは子供の成長に重要な役割を果たします。しっかりとコミュニケーション能力を身につければ、社会に出てから活躍できる可能性がグンと上がります。こちらの記事ではコミュニケーションを伸ばせる習い事にフォーカスを当てて、紹介していきます。


NO.1

コミュニケーションスキルを学ぶ

英会話教室
(ECCジュニア)

1おすすめポイント

<Point 1.>
言葉だけでなく表情や動作などコミュニケーション能力を総合的に養うことができる。


<Point 2.>
子どものうちに正しい発音を学ぶことで、きれいな発音の英語をマスターできる。

詳細はこちら 公式サイトはこちら

よく読まれている記事

あれもこれもと通わせたくなる習い事 慎重に選ぶことが大切

私には2人の子供がいます。上の子が小学校へ入学するタイミングで、「なにか習い事に通わせよう」と考えていました。友人や職場の人にも聞いてみたのですが、習い事には非常に多くの種類がありました。

人気のあるスポーツや学習塾に通わせている人はもちろん、ピアノや書道など専門的な習い事をさせている人もいました。いろいろな話を聞くなかで、できることなら我が子には色々なスキルを身に付けてもらい、社会に出てからも困らないようにしてほしいと思いました。しかしあれもこれもと通わせるのは大変ですし、子供への負担も大きくなってしまいます。悩みに悩んだ結果、習い事は目的を明確にしてきちんと検討することが大切だと気がつきました。

東京都内だけで見ても多くの習い事があり、どんなに調べても迷ってしまうものです。しかし習い事について調べていく過程で、どの習い事にどんな効果があり、どういった能力を伸ばすことができるのかわかるようになっていきました。例えば、スポーツ系の習い事であったとしても、養える能力は身体能力だけではないのです。

このサイトは、私と同じように子供にどの習い事を受けさせようか迷っている人のために立ち上げました。数ある習い事の中でも、特に子供の成長や将来的に生きていく上で役立つ能力を養える習い事を選んで紹介しています。少しでも習い事選びの参考になればと思います。

おすすめの習い事情報は上記で全て紹介しているので、最後に習い事にまつわる知っておきたい情報をまとめています。ぜひもう少しだけお付き合いいただければと思います。

スポーツ系の習い事は運動能力以外にも様々なスキルを身に付けられる

生きていく上で全ての基礎となる身体能力。実は、学校の体育だけではそれほど体力を鍛えることはできません。人並み以上の体力を身に付けるには、自分で部活動を行うかスポーツ系の習い事をするかという選択肢があります。
小さい頃からスポーツをしている子供は、運動に対する直感やセンスが磨かれます。運動に対する感覚は全ての事柄に通ずるものがあり、大人になってからも様々な場面で直感やセンスによる良い判断をできるようになります。「成長してから大切なのは学力や学校の成績だ」と考えている人には、運動能力を磨くことも大切なことだと知っていただきたいです。

スポーツには大きく分けると2種類が存在します。それはサッカーや野球などチームプレイで行う競技と、水泳などの個人で戦う競技です。チームプレイのスポーツは協調性や集団行動の大切さ、社会で生き抜く力を伸ばすことができ、一方個人プレイのスポーツは他人に流されない自立心や意思の強さを伸ばすことができます。

もちろんどちらか片方の能力しか伸ばせないというものではなく、置かれている環境や雰囲気、習い事の教育方針などによって子供が身に付ける力は変わってきます。「この習い事を選べばこの能力が伸ばせる」という明確な基準はないため、親である私たちがしっかりとスクールを見極め、子供の成長に役立てられるよう最善を尽くすことが大切です。

習い事に通わせず自分で教えるのはアリ?

人によっては「習い事はお金がかかるし、自分の考え方を子供に教えたいから自分で色々な分野を教育しよう」と考えている人もいるかもしれません。結論から言うと、子供の成長のためにはそれもナシではありません。あなたの得意分野や好きなことであれば、わざわざレッスン料を払って習い事に通わせなくとも、ハイレベルで専門的な指導を行えるはずです。例えば、学生時代にバスケットボール部に所属して大会でも好成績を残していたような人であれば、中途半端な講師よりも断然質の高い指導を行えるでしょう。

ただし、自分で教えることにはデメリットもあります。それは教え方によって子供が適切に成長できない可能性があるということです。親の立場からすると、自分が得意分野であるからこそ、過度に期待をしてしまうこともあるでしょう。「なんでこんなこともできないんだ」と感じることもあるかもしれません。

子供が嫌がっているのに無理やりやらせようとすれば、生きていくのに必要なスキルを身に付けるどころか逆効果になってしまうこともあります。そのため、自分で子供に教える場合にはより慎重に指導と教育を行う必要があるのです。

より社会に近い環境で子供が自立できるのが習い事

習い事に通うメリットとはなんでしょうか。専門的な技術を講師から学べる?学校では学べない部分を補える?もちろんそれもありますが、それ以外にも習い事には大きなメリットがあります。

それは、学校や家庭とは違った環境に身を置き、立場の違う人と関わることでより人間的に成長できるということです。例えばずっと家庭の中で育っている子供は、よほど意識的に教育を行わない限り敬語や初対面の人に対する礼儀正しさなどを身に付けられる機会は少ないでしょう。一方、習い事では知らない子供や知らない先生と出会う機会が増え、必然的に他者との関わりが生まれるため、その中で自然と礼儀正しさが養われたり、講師から人としてのマナーを教わる機会も生まれるでしょう。

子供にとっては落ち着かない環境であるかもしれませんが、その環境が子供をひと回りもふた回りも成長させてくれるのは間違いありません。学校にいて主に関わるのはクラスの同級生や先生です。部活動をしていれば先輩や後輩と関わることもありますが、1つや2つ年齢が違う程度です。

習い事によってはもっと幅広い年代の人と関わりを持つこともあり、学校にいるだけでは得られない数多くの体験をすることができます。より社会に近い環境で子供が自ら育っていける、それこそ習い事に通わせる大きなメリットです。

習い事は子供の将来を左右する!じっくり検討して選ぼう

世の中には様々な習い事があります。そのどれもに素晴らしい特徴があり、それぞれ伸ばせる能力やスキルは違います。「どの習い事が優れている」と一概には言えませんが、選ぶジャンルや通わせるスクールによって子供の個性は少しずつ変わっていきます。長く通わせることもある習い事だからこそ、しっかり自分の子供に合ったスクールを選んであげたいですよね。

今回紹介した習い事やスクールは本当に子供のことを考えて指導してくれる素晴らしいものばかりですので、安心して任せることができると思います。子供の将来を左右する大切な習い事ですので、このサイトを参考にしながらじっくりと検討して選んでいただければと思います。