Skip to content

0歳で始めることができる習い事は存在する?

何歳から教育を受けさせたらよいかという明確な答えはありません。

実際には2歳から受けさせている家庭が26%というデータや6歳で83%というデータがあります。

この数字より早く0歳から受けさせれば、他の子より1歩も2歩も差を付けられるというわけです。

 

教育を受ける時期は早い程効果的

できるだけ我が子の才能を伸ばしてあげたいと考えるお母さんも多いことでしょう。しかしどんな教育が必要なのか漠然とした情報が多く、迷うことばかりです。

子供の教育では協調性や自立心、そしてコミュ二ケーションの能力を養うことが重要とされています。更にどんな社会でも最低限のマナーや礼儀作法を守っていかなければなりません。特に教育に関心を持つ親でなくとも、これ等についてしっかり学ばせたいと思う筈です。

一般的に幼稚園や小学校に通う頃になって本格的に英会話教室や学習塾などに通わせようと考えている人が多いようですが、もっと早くから対応できないかと思う人も少なくありません。しかし実際にはそのあたりについてきちんとした定義らしきものが見あたらないのが現実です。

しかし子供の脳の成長のスピードは目覚しく、その9割が6歳までに完成すると言われています。0歳から習い事をはじめることにメリットがあると信じて受けさせましょう。

 

必要なものからピックアップして学ぶ

0歳から初められる習い事はそう多くはありません。これはと思うものを厳選して実践していきましょう。どれを選ぶにしても結果に囚われず、気楽に進めていくのが長続きするコツです。

まず0歳の子に対しておすすめなのがリトミックです。リトミックは音楽にあわせて楽器を鳴らしながらダンスをしたりボール遊びをするだけの簡単なものです。

遊びを通じてリズム感を養うにはとても効果的です。リズム感を養っておけば、その後本格的に音楽を演奏したり歌うことを習ったときに大きな効果が期待できます。しかも自己表現力も豊かになると言われています。

そして英語に触れる機会をつくるのもよい方法です。何も受験対策のような難しい文法を学ぶわけではありませんし、話せるようになるわけでもないです。

外国人によるネイティブの英語を聞くことで楽しいという感情を芽生えさせることが目的です。数年後には英語に対する苦手意識を持つこともなく、英語学習へスムーズに入り込んでいけるでしょう。

更に親と一緒に行なう水泳が人気を集めています。水への恐怖心を抱かなくなり、身体の発育も促されるのがメリットです。

そして幼稚園の予行演習のようなことをする幼児教室もあります。ここでは手遊び歌や工作を通じて右脳や左脳を活性化させ、想像力や思考力を育てます

これ等の教育は子供に意識がないので、親の方が飽きてしまうかもしれません。しかし才能を開花させるきっかけを与え続けていると思えば、やりがいにも繋がるものです。急がず慌てず子供を見守ってあげましょう。

 

子供の成長に合わせ焦らずゆっくりが基本

0歳からの習い事を考えるメリットは、単に子供の能力を引き出すだけではありません。家の中で母親と2人きりで長時間過ごす親子が多いですが、外の世界で他人と触れ合うことで心の成長が促されていきます。親も子供も情緒の安定した周囲に気配りのできる人間に育っていきます。

そしてこれ等の習い事を受ける際に注意しておかなければならないことがあります。それは無理をしないことです。子供の脳が必要としているのは、嬉しいと感じたり楽しい感じることです。必要だからといって何もかも詰め込もうとすると感情や個性が育たなくなることがあるので注意が必要です。

そして結果よりもコミュ二ケーションの量が大切です。母親だけでなく同じ年齢の子とも触れ合う機会をつくれるよう心がけましょう。数多くの教室があり、内容も料金体系も異なるのであらかじめ調べておくことが必要です。

0歳からの習い事は週1回の利用で2.000円から1万6.000円位の月額費用がかかります。内容に応じた適正な料金で利用できるよう相場についても確認しておきましょう。

中には格安料金で利用できる体験コースを設置している所もあるので、参加して子供の反応や全体の雰囲気を掴んでおきます。どうしても利用する場所を決められないときは、口コミサイトの口コミを参考にするのが便利です。

実際に利用している人のリアルな体験談を知ることができます。

 

子供の教育は早ければ早い程に大きな効果が期待できます。0歳から習い事をはじめることで、その後に受ける教育に好影響を与えることができるからです。

中でも音楽やダンスなどを通じてリズム感を養う方法や水泳で身体を鍛えることは多くの人が実践しています。ポイントは子供のペースに合わせることです。結果や成果を期待せずに子供も親も楽しむことを中心に考えます。

無理をすると育つべき所が育たなくなるからです。まずは体験コースからはじめて少しずつ慣れていくのがよいでしょう。