Skip to content

学力を向上させる習い事とは?

親としては、子供にはたくさん勉強してほしいと考えるでしょう。

ですが、子供に勉強しなさいと言っても、なかなかしてもらえません。

無理やりやらせようとすると逆効果になる可能性もあります。

子供に合った勉強法が、きっとあるはずです。

 

幼児教育で子供の能力をアップできる

有名私立幼稚園や私立小学校に子供を入学させたいとき、まずは受験対策が必要になります。

中学校以上の受験の時は子供が勉強をする必要がありますが、幼稚園や小学校の受験では子供よりも親が見られるとも言われています。

もちろん子供も対策をしておく必要があり、その時に利用することが多いのが幼児教室になります。

通常小学校に入る前においては幼稚園に通う子と保育園に通う子がいるでしょう。

ですが、幼稚園などではなかなか勉強と言えるところまで学ばせてもらえません。

そこで学力を向上させる習い事として幼児教室の利用を検討します。

主に私立小学校などへの入学対策の教育をしてもらえ、私立小学校の受験で必要になる受け答えがきちんとできるように指導してもらえます。

中には英語であったり算数、記憶力を向上させるようなプログラムを用意しているところもあり、子供の潜在能力をどんどんアップしてくれるかもしれません。

私立小学校に入学させる目的でないと利用できないと考えるかもしれませんが、全ての幼児教室が受験対策のための教室ではありません。

受験とは関係なく純粋に子供を学ばせてくれるところもあるので、子供に合うところを選ぶようにします。

 

そろばん教室は計算力などが向上できる

生活を送る中で数字を足したり引いたり、いろいろな計算をする機会が多いです。

特に学生時代には算数や数学だけでなく、理科や社会などでも計算をしないといけないときがあります。

大人になっても計算力は重要になり、他人より計算するスピードが早ければそれだけ勉強や仕事ができるようになるでしょう。

そこで、習い事として子供にやらせたいのがそろばんになるかもしれません。

最初はコマの動かし方を学び、基本的な動かし方ができるようになれば後はどんどん訓練をしていきます。

すると自然に頭の中にそろばんが浮かび上がるようになり、頭の中でそろばんのコマをはじいて計算できるようになります。

つまりは暗算ができるようになります。

暗算ができると計算スピードが上るので、色々な場面で役立てられるようになるでしょう。

算数や数学の能力もアップしますし、他の教科の能力もアップするかもしれません。

 

個人教室タイプなら自分に合った勉強ができる

子供が受験を控えている時、受験に合わせて塾に行かせるかもしれません。

一般的な塾は集団塾と言われていて、学校と同じように一人の先生に対して多くの生徒が授業を聞くスタイルになっています。

受験対策なので学校よりも内容は高度になっていて、子供の実力もどんどんアップしていくのでしょう。

ただし誰でも塾に入れるわけではなく、授業についていける力がないといけません。

進学塾ともなると有名高校への受験を目指すので、授業のスピードも非常に早くなります。

なので授業についていけない場合、なかなか実力をつけることはできません。

子供に合わせて学力を向上させることができる習い事として個人教室タイプがあります。

教室には教室を運営する先生がいて、一般的な塾のような授業はありません。

先生からプリントをもらい、それを解きます。

そして採点してもらい、すべて正解ならその日の勉強は終わりです。

間違っているところがあったら先生が解き方を教えてくれるので、それに従ってもう一度やり直します。

自分で解いた場合でも先生に教えてもらい解いた場合でも、すべて正解が得られたら勉強が終わる仕組みになっています。

ポイントは先生が配ってくれるプリントです。

その子の能力に合わせて配ってくれるので、小学校2年生の子でもできる子なら3年生のプリントなどを渡してくれます。

小学校3年生でも分かっていないなら2年生のプリントを配るなど子供が理解できるよう配慮してくれています。

 

幼児教室では、小学校就学前の子に考えさせる力をつけてくれます。

英語などが学べるところもあります。

そろばんを習えば計算力がアップできるでしょう。

個人教室では子供の能力に合った教材で子供のペースで勉強ができるようになっています。