Skip to content

習い事もできる学童があるって本当?

女性の社会進出が進み、現在では共働きと言う家庭も決して珍しくありません。

しかし子供がいる場合、学校が終わってからその子をどこに預かってもらうかと言うのは非常に重要なポイントとなって来ます。

そこで従来から利用されているのが学童です。

学童を利用すると、子供は家族が帰ってくるまで一人家で過ごさなくても済みます。

現在ではただ預かってもらうだけでなく、その時間を使っていろいろと教えてくれるサービスを展開している所もあり、またその姿は徐々に変わってきています。

 

そもそも学童とは一体どういったサービスの事だろうか

大きくは3つに分かれており、自治体が運営する物と、民間が運営する物、そして放課後子ども教室となっています。

自治体が運営する物の場合は、親が働いている事を利用条件としています。

平日の利用時間は下校時刻から18時までが多く、土曜日は9時から17時までとなっている所が多いのですが、施設によって多少の差があります。

そこでは勉強をしたりする事も出来ますが、子供が自由に遊ぶ事も可能です。

マンガも用意されているのでそれを読んで過ごすと言うのでも問題は有りません。

小学校や児童館に併設されていることが多いので、わざわざ別の場所にある施設まで移動することはありません。

ただ、ここでは指導員が学習を指導する事が出来ない為、勉強や宿題等は全て子供に任せた状態です。

民間が運営する物の場合は、授業後だけでなく早朝や夜間、さらに夕食などが付いている事も有ります。

親が就業しているかどうかと言うのは関係が無い場合が多く、20時位まで利用出来る所が殆どです。

民間企業や塾が運営していると言う事になるので、自治体の助成は受けていません。

したがって子ども達はそこで自由に過ごすことも出来るようになっていますが、宿題をしたり、テキストをする事を促したりすることもなされています。

また指導員は学習の指導も出来るので、学習習慣を身に着ける事も可能です。

放課後子ども教室は授業後の教室を利用して開かれている教室で公立小学校に通う子供が対象となっています。

平日は授業後から17時位まで開かれていますが、土曜日は開かれていないことが多いです。

ここでは子供は自由に過ごす事が出来るようになっており、宿題をしたり外で遊んだりと様々です。

 

子供の成長を考える上での学習と経験

子供は、驚くほどのスピードで色々な事を吸収して行きます。

それはただ単に学習の事だけでなく、色々な経験を通しても様々な事を学びます。

しかし、学童自体は確かに授業後に子供を預かってもらう事は出来るのですが、その運営主体によっては学習指導を行う事は出来ません。

そのため、利用する保護者からはそのまま通わせておくと色々と習い事が出来ないので困ったと言う意見も出ています。

その点、民間の場合はその運営主体は企業や塾となっているので、どの様なカリキュラムで行ったとしても基本的には問題は有りません。

だから、そこでの空いた時間に塾の様に勉強を教える事も出来るし、勉強以外の事を教える事も可能です。

そのため、現在では自治体運営の物ではなく、敢えて民間が運営している所を利用すると言う保護者も決して少なくありません。

 

民間が運営している施設を利用する

実は、自治体が運営する従来の施設の場合、その目的は共働き家庭の子供を預かる事なのです。

なので、その施設での過ごし方は目的の中には入っていません。

そのため、そこで過ごす子ども達は自由に過ごせるので良いのですが、なかなか勉強をする事が無く遊んだりマンガを読んだりとなってしまいがちです。

しかし民間の場合は、宿題等の学習を行う時間を設けていると言う所も少なくありません。

つまり、夜に家に帰る前に宿題が終わっている状態になると言うことです。

勿論そこでの指導員は教員免許を持っている人も多いので、勉強を教えてもらうこともできるでしょう。

さらに宿題だけでなく市販のドリル等も利用する事は可能です。

また現在では学習のサポートをするだけでなく、ピアノスポーツを教えてくれる施設も増えています。

そうすると、仕事が忙しくなかなか子供を習い事に通わせる事が出来ないと困っている人でも、子供にいろいろな事を習わせてあげる事ができます。

さらに民間の運営の施設の場合は、ピアノ教室や英会話教室と言った一つの内容に特化した所も有れば、色々な内容を学ぶ事が出来る所も有ります。

また現在では英語を学ばせてくれるところもあり、人気を集めています。

 

仕事をしているとなかなか子供の世話が出来ないと言う場合は少なくありません。

しかし保護者としては、やはり子供の学習経験に対しては気になると言う人も少なくないでしょう。

現在では、学童保育と言ってもただ単に預かるだけでなく、習い事の様な経験をさせてくれる所も増えて居ます。

だから、何かを習わせたいと言う時は、習いたい内容をサービスとして展開している施設を選ぶのも良いでしょう。