Skip to content

何歳から子供に習い事をやらせることが出来る?

子どもが誕生すると悩むのが、我が子には何歳から習い事をさせるべきなのかという点ではないでしょうか。一昔前は、小さい頃は遊ぶことが仕事であり、学ぶのは学校に通い始めてからで良いという考えをする人が大半でした。しかし近年では、小学校のみならず幼稚園入学のための受験をさせる家庭も増えていたりと、学ばせることに力を入れる人が増えています。

もちろん勉強系だけではなく、運動系や音楽系など様々な分野がありますが、それぞれどれくらいの年齢から始めれば良いのかは悩むところではないでしょうか。何歳からが良いかというのは一概に言い切ることはできず、一人ひとりの性格や家庭の教育方針で決めていくべきです。

早期教育をすることも可能となっている

どんな分野なのかによる違いもありますが、言葉もしっかりしてきて、基本的なやりとりが成立してくる時期である三歳を一つの目安と考える家庭はかなり多いのではないでしょうか。集団での生活や行動に慣れさせるという意味も兼ねて、この時期を選ぶ人が多いです。

しかし近年では早期教育という言葉をよく耳にするようになったように、より早い段階からと考える家庭も少なくはありません。中には、赤ちゃんの頃から通わせているという家庭もあります。あまりに小さいうちから始めるとかえって逆効果というケースもあるので難しいところであり、金銭面の負担も大きくなってしまったり、親のフォローが大変になることもあります。ですが、油断していると、周りの子どもはもう何か始めていて焦ってしまうということもあります。

早いうちに習い事を始めるメリット

早くに習い事を始めることにより、当然周りの同年齢の子よりも早く習得できる可能性を広げることができます。しかし何でも早く始めれば良いというばかりではなく、早く始めた方が良い分野と特に早く始めたからといってメリットがない分野とに分かれるので気をつけましょう。

早く始めた方が良いとされるのは、柔軟性が必要な体操バレエなど、身体の柔らかさが上達の鍵となる種目です。それ以外にスイミングなども、基本的な身体の動かし方が身につくので、やってみたいと思えるスポーツができた場合にも応用がきき、上達しやすいです。

今の時代では英会話などに注目が集まっていますが、あまりに幼い時に習わせてもやめたら忘れてしまうというケースも多いのでよく考えて選びましょう。

子どもの状況や習い事の種類で決めるべき

早ければ早いほど良いとは一概に言い切ることができず、ある程度大きくなってからの方が、本人の興味ある習い事を選択しやすかったり、周りで通わせている人の評判を聞いて吟味してから始められるというメリットもあります。子どもの興味や関心があることは一人ひとり違いがあるので、興味や関心に合わせて、モチベーションを維持することができそうなタイミングと分野を選ぶことも大切です。

心の成長がその状況に適していないとなれば、苦痛に感じてしまい通うことができなくなり終わってしまうこともあり、そうなれば嫌いになってしまいかねないので逆効果です。子どもの年齢、心の成長はもちろんのこと興味がある分野で金銭面の負担はどの程度かも考えてから選びましょう。

周りの家庭を気にしてしまうのは当然のことと言えますが、人それぞれ得意な分野に違いがあるように成長のスピードにも違いがあるので、周りの意見や周りが通っているからと影響を受けてしまって左右されすぎるべきではありません。何歳からという制限がないスクールが増えている今の時代だからこそ悩むのは当然のことですが、何歳からが良いのかは、それぞれの家庭でしっかりと話し合って決めていくようにしましょう。