Skip to content

赤ちゃんの頃から習い事を始められる?

子供に習い事をさせようとする時、赤ちゃんの頃からでもできるものなのか気になるかも知れません。

さすがに生後すぐとなると難しいかもしれませんが、まだ話せない状態や歩けない状態でも参加できる教室があるので検討してみましょう。

 

ベビーサインはどんなものかを知っておく

子供が生まれてくるときに泣くか泣かないかの違いがあるようです。

お母さんのおなかの中と外では環境が大きく変わります。その変化を感じ取って泣く子が多いのかもしれません。

それからしばらくは泣く行為がコミュニケーションの役割を果たします。赤ちゃんは話をしたり表情を作ったりができません。異変があったり希望があったりすると泣くことで知らせてきます。

寝ているか泣いているかとも言われるので結構大変な子育てになるかも知れません。

一定期間が経過すると話ができるようになってきますが、話せるようになる前ぐらいにはもうすぐ話せそうな時期があり、言葉ではないものの泣く以外に声を発せようと頑張る姿が見られます。

この時期に行える習い事としてベビーサインと呼ばれるものがあるのでお母さんと一緒に参加してみると良いかも知れません。

どんな効果が期待できるのかというと、赤ちゃんとのコミュニケーションを増やすことができるようになります。通常の子育てでは何とか言葉で表現させようとしますが、話すのが難しいときはそれができません。

このときに手などを添えて表現をするとその意味を理解できるようになります。始める時期としては生後6か月ぐらいの子で、お座りなどができるようになったら行うと良いかもしれません。

同じ時期に子供が生まれたママ友などがいるなら一緒に参加を促してみてもいいでしょう。

 

音楽をどのように学べるのかをチェック

音楽を聴いて心がゆったりした気分になったり、逆に気持ちが昂ったりするようなことがあるかもしれません。

音楽の効果は色々なところにあり、家畜に聞かせるとリラックスをしてうまく育つようになると言われています。野菜などの植物に聞かせても成長に効果が出てくるとも言われ、いろいろなところで音楽を流しているようです。

実は胎教と呼ばれる出産前に音楽を聞かせることが古くから行われていて、音楽を聞かせることでいろいろ効果があるとされています。

そして習い事として音楽教室があり、そちらを利用すると少しずつ音楽への才能が開花できるかもしれません。子供を音楽家にしたいなら始めると良いでしょう。

音楽教室といえば通常は演奏などの方法を学びますが、さすがにまだ楽器も扱えませんし自分で歌うのも難しいでしょう。

まずは音楽を聞く練習をします。ただ音楽を聞くのではなく、音楽に合わせて手をたたいたり体を動かしたりします。音楽でリズムが取れるようになってきたらかなり音楽への興味が湧いてきた状態と言えるでしょう。

出産前の胎教があるくらいなので比較的早くから行えます。出産後落ち着いてきた生後2か月ぐらいから参加できるところがあります。

 

意外に泳げるスイミングスクール

勝手に泳いだりはしませんが、赤ちゃんは水の中は結構平気なようです。

お母さんの中にいるとき、羊水に満たされた中にいるので、水の中は結構慣れています。泳いだりはできないものの、嫌がったりするわけではありません。

そこで赤ちゃんが利用できる習い事としてスイミングスクールの利用を検討してみましょう。

もちろんお母さんが一緒に参加する必要があり、いきなり泳ぎを覚えたりするわけではありません。お母さんと一緒に運動を楽しむのがメインになりそうです。

水の中で色々な動きをしようとすると抵抗があるので、結構体力を使うようです。スクールに参加した後は寝つきも良くなります。

ミルクなどもどんどん飲むようになり、他の平均的な子に比べると体が大きくなるスピードが早くなるときもあります。

生後すぐは難しいですが、生後6か月ぐらいすると参加できるところが多くなっています。それぞれのスクールで学べる内容が異なるので、内容を見極めて決めると良いかもしれません。