Skip to content

赤ちゃんの頃から習い事を始めるメリットとデメリットは?

子供に習い事をさせるときにいつから始めるのがいいのか悩む人も少なくありません。

小学生や幼児期などの考えもある中で、話ができない赤ちゃんの頃から習わせるのがいいとの意見もあります。

その時のメリットやデメリットを考えてみましょう。

 

子供に秘めている能力が見つけられる可能性

親となった今、自分の子供に対しては何らかのことをしてあげたい気持ちがあるかもしれません。

そこで赤ちゃんの頃から習い事を始めることを考えてみましょう。

子供が生まれたときから子育てが始まり、日々子供はどんどん成長していきます。

普通に育てていてもいずれ自分で歩くようになりますし、話もできるようになります。

もし特別な教育を受けさせたらもっと早く歩けるようになるかもしれませんし、話せるようになるかもしれません。

メリットとしては子供に秘めている能力を見つけさらに伸ばしてあげられる可能性があります。

デメリットとしては無理をし過ぎると子供への負担が大きくなる可能性があることでしょう。

小さいころはまだ自分の主張などができないので、与えられたことを一生懸命やろうとしてくれるかもしれません。

子供の能力を引き延ばす程度であればいいですが、能力以上のことを教えられてもそれができない状態になります。

いかに子供に合った教室を探すかがポイントで、さらに親が教育を受ける様子などをきちんと見てあげられないといけないかもしれません。

 

幼児期にしか伸ばせないとされる能力がある

もし赤ちゃんの頃から英語圏で子育てをしたらどうなるかというと、おそらくその子は英語でコミュニケーションをとる子になることが想定されます。

日本語でコミュニケーションをとるのは日本語の環境で育てているからになりますが、日本語は非常に複雑な言語と言われ、さらにひらがなや漢字など英語などよりも扱う文字数が多いです。

それらを短期間のうちに操れるのは、その生まれてまもない幼少期に能力が格段にアップされるからとされています。

よって、赤ちゃんの頃から習い事を始めるメリットとしては、他の一般的な子に比べてより能力の高い子に育つ可能性があります。

家庭で育てようとすると、教育の知識のあまりない親が言葉や行動などを教える程度です。

日常生活はできるようになるかもしれませんが、ごく一般的な子供に成長する程度でしょう。

専門的な教育施設で学ばせればたくさん言葉を覚えるようになり、小学校で習うような内容も理解できるようになるかもしれません。

デメリットとしては子供に合わない教室で学ばせようとするとあまり伸びなくなる可能性があることでしょう。

子供は興味のあることはどんどん覚えようとしますが、興味のない内容には見向きもしないときがあります。

子供の興味に合わせて教育内容を変えてくれるような教室なら伸ばせるかもしれません。

しかしどの子にも同じような教育をするところだと、お金をかけた割にはあまり能力が発揮できずがっかりする結果になることもあるでしょう。

 

親が子供に教育を与えるのが当たり前と感じられる

子育ては非常に大変で、お母さんやお父さんは仕事などをしながら行わなければいけません。

正しい子育てとして何があるのかがマニュアルなどであればよいでしょうが、それらの本を読んだとしてもうまく子育てができるとは限りません。

とりあえず周りの子供と同じようにある年齢になれば幼稚園に行かせ、小学校に行かせればいいと考える人もいるでしょう。

一方で、生まれたときからとにかく子供のためになることをどんどんやって行きたいと考えている人もいます。

もし赤ちゃんの頃から習い事を始めたとしたら、親が子に対する教育を当たり前と感じられるようになるでしょう。

生まれたての子に対しては通常は誰かに教育してもらおうとは考えず、自分で言葉などを覚えさせようとするかもしれませんが、効率的に言葉を話すようにするには専門の教室などに行く方が正しい言葉を沢山覚えるようになるでしょう。

言葉を覚える教室だけでなく、日常生活を学べる教室などいろいろな教室をうまく活用しようと考えることができます。

ただし、親自身が子供に対してうまく教育ができなくなるケースも考えられるので注意が必要です。

子供のための教育は専門家がすべきとすると、自分では一切やらない方がいいのではないかと考える人もいますが、親として教育期間ではできない教育をしなければいけません

 

教育サービスを利用するのは良いでしょうが、親として何をしなければいけないかを認識する必要があるでしょう。

親が与える教育も子供に施さなければいけません。

赤ちゃんから幼児期にかけては覚える能力などが非常に高いとされ、うまく教育を受ければ他の同年代の子よりも能力が高くなるかもしれません。

しかし教育をしっかり選ぶ必要があり、親としての役割も認識しつつの利用でないといけません。