Skip to content

子供に人気の習い事のバスケットボールを始めるメリットは?

子供に習い事をさせようとする親御さんはたくさんいるのではないでしょうか。その時に何をさせようか迷われている可能性が高いです。

今回はバスケットボールを習い事としてさせる場合のメリットについて詳しく解説していきます。

 

チーム数が多いので体育館さえあればできる

バスケットボールは部活動として一般的で、部員数も多い人気がある部活です。アニメの影響などがあって入りたいと思う人も多いのではないでしょうか。

最近では日本でもBリーグというプロリーグができたということもあり、注目度はとても高いです。日本でも見る機会がとても増えて来たので、習い事としてさせたいと思っている人もいるかもしれません。

体育館さえあればできるスポーツではありますので、身近でできるスポーツではないでしょうか。都道府県のミニバスケット協会に登録しているチームは日本全国で8500チームあると言われていますので、意外と多いのが分かるはずです。

登録していないチームもありますので、それを合わせると相当数あり、野球やサッカーのチームに匹敵すると言われています。体育館にボールとゴールさえあれば、スクールとしては十分に成立しますので、習うことができるチームについてはとても多いです。

都市部であればいくつもチームがある中でセレクトする必要が出てきます。何といってもチーム数が多いですので、バスケットボールがやりたいという時に、受け入れ先のチームが多いということです。チームが多いならば、一つ一つを比較しながら選ぶことが可能ですので、子供の教育のためにいいのかなどの観点で選んでもらったほうがいいです。

 

全身運動で基礎体力を付けることができる

バスケットボールの試合の特徴として、試合が行われている時にはまず止まることがありません。つまり、試合をしている時は常に動きっぱなしということです。動きっぱなしのスポーツに対応するためにはそれなりの基礎体力がないといけません。

動きっぱなしなので、体力をつけるためのトレーニングが何よりも欠かすことができないです。体全体を使って常に動いていますし、接触プレイも中にはありますので、それに負けない体力作りが大事です。

接触プレイに備えるために全身を鍛えることもしないといけません。ボールを使いながら体力をつけるトレーニングもきっちりとやってくれますので、いつの間にか試合でも十分に対応することができる体力がついていることでしょう。練習時間としては2時間から3時間ほどになりますので、その間はきっちりと動くことになります。

体を動かしている時間がとても長いのが特徴です。しっかりと練習をすることができれば、バスケットボールがうまくなりますし、体力をつけることもできるということもありますので、子供の教育にとってもいいことです。

子供の体育において男女ともバスケットボールをやらないということはないでしょうから、その時に十分に活躍をすることができます。体育だけの話だけでなく、もっと技術が向上してくれば部活動などでもスムーズに移行することができ、さらにはプロとして活躍する可能性が広がります。

 

チームスポーツなのでチームワークを学ぶことができる

バスケットボールは球技5人で行っているスポーツですので、5人で協力し合いながら得点を獲得しないといけません。得点を獲得するためには5人が動きながらパスをもらうような動きが欠かせません。

同じところに固まって動いているとパスができる箇所が限られますので、自分で相手の動きを見ながら考える必要があります。5人で攻撃しながら守備もしないといけないので、何よりもチームワークが欠かせないです。

一人よがりなプレイをしていては絶対に勝つことができません。一人で攻めていても、守りは5人いるわけですので、1対5ではどうしても負けてしまいます。自分勝手なプレイをしているのであれば、まず試合に出してくれません。

例え上手だったとしても、習い事でやっていることですので、チームワークの大切さを学ばせる方が先だということです。練習のうちからチームで行う練習がとても多いですので、チームワークのことについて十分に学ぶことができます。

チームワークで勝つことができるスポーツですので、何よりもチームのことを大切にすることが欠かせないことです。勝つためにはどうやって味方を活かしたほうがいいのかなどを考えられるようになるといいでしょう。周囲のことを気遣いながらやっていくというのが理想的な姿です。

 

バスケットボールは現在注目されているスポーツの一つですので、習い事として習わせたいと思っている人が多いです。実際に習う時のメリットに該当することは、チーム数が多いので選択の余地があるということです。

チームを見学しながら子供の教育のためにいいのかどうかで選ぶといいでしょう。バスケットボールは全身を使って動いていきますし接触プレイもありますので、基礎体力をつけることにつながります。

基礎体力がないと太刀打ちできないからです。それだけでなく5人でやるスポーツですので、自ずとチームプレイについて学ぶ機会も多くなります。