Skip to content

子供の習い事が続かない原因とは?

成長期における学びは未来に大きな実りを持たせてくれることになりますが、何かのスクールでのレッスンをスタートしても続かないことがあります。

本人が本当にやりたいことではないケースもありますし、未熟な未成年の夢はコロコロ変わるので、模索をしていてやりたいことが変わることもあるので、始める前にはよく話し合うことです。

親が無理にやらせていると思い込んでいることも

まだ時間もたっぷりあって、親がいることで生活の心配をする必要もなく、守られていて全てを与えられているキッズ時代だからこそ、学びへの投資が必要なことを親はよく理解しています。

しかしそんな親の心を子は全く分からないため、有り余る時間を学びに使う意味が分からず、遊びに費やしてしまうのもまだ未熟だからゆえのことではありますが、それで後悔をしている大人は大変多いです。

親が働いてくれてすべてのお金を出してくれて、身の回りの世話まで全部やってくれる時代にこそ、本当はたくさん勉強をして、あらゆる学びをしておくことが、将来必ず自分を助けてくれることになります。

それがわからないのも幼い時代だからではありますが、大人になってから学ばなかったことを後悔することになるのは目に見えているので、かわいい我が子には苦労をさせたくはないと親も一生懸命です。

子供の習い事が続かないことはとてもよくあることですが、原因としてある1つは親が無理やりやらせていることがあります。

興味も関心も本人にとってはないものの、親は自分が生きてきた中の経験として、それを学ばせておけば将来必ず役に立つとか、有利になることを知っているため、未来まで考えてのことですが、その気持ちを経験の少ない未熟な子が理解することなどできないです。

やらされていると思い込んでしまい、親に対しての攻撃的な不満が溜まり、ストレスにおなるばかりであり、そのうちにさぼることも出てくるかもしれません。

無理にやらせるのはナンセンスですが、親は親でなぜそれをやることが自分のためになるのか、わかりやすく説明をするなど、対話をすることも必要です。

レッスンをしても上達しないことへの諦めの気持ち

何かをはじめたら手ごたえを感じることで、もっと頑張ろうという気持ちが沸いてきますが、なかなか結果が出ないと人間は途中で嫌になってしまう生き物です。

これは年齢に関係なく全般的にそういった傾向があるので、子供の習い事が続かない原因の一つにも当てはまります。

あらゆる教室に通って練習をしているものの、思うような成果が見えないとレッスン自体が楽しく無くなってきて、やっても上達をしないことへのいらだちさえ感じ始めることがありますが、これでは続くはずがありません。

ですがお金を出して学ぶことに価値がないわけはありませんし、すぐにできる事もあれば時間をかけて少しずつ上達をする学びもあります。

自分にとっては全く向上がなくてうまくならないと諦めの気持ちが出てきたとしても、講師や親など周りから見たら着実に上達をしていることもあるので、本人の焦りが成果が出ないと思い込ませている部分も否定はできません。

常に親や大人の関心を引いて褒めてもらいたいと思うのも、まだ幼い年齢ではよくあることであり、成長を褒めてもらったりしないと、すぐにやる気を失ってしまいます。

毎週何かのレッスンに通っていたり、もしくは週に数回のレッスンを積み重ねていて、自分でも自宅で練習をしていることなら、全くうまくならないとか結果が出ないはずがありません。

親はほんの些細な上達や変化でも察知して、褒めてあげるようにすることが大切です。

レッスンが楽しくないと継続をするのは難しい

とても当たり前すぎることですが、何かを初めて楽しくないとそれを続けたくないのは、大人も子も一緒であり、子供の習い事が続かない原因にもなります。

お金を出してあげる親としてはなぜ嫌がるのか理解できない部分がありますが、レッスンが楽しいと思えないと約束の日になっても教室には行きたくさえなくなりますし、取り組みにも力などははいりません。

何かの学びをさせるときには本人が本当にやりたいことを見極めて始めることが必要ですし、やるとなったら本人にやる気と責任感を持ってもらうことです。

小学生や中学生などの外での学びの場で続かないケースは実に多いですし、それは気持ちや夢などがコロコロ変わることも影響をしています。

我が子から何かを学びたいと言ってきたら、年齢的にも小学校の高学年レベルだったら、自分である程度調べさせることです。

場所はどこの教室に通いたいのか、講師や生徒は何名くらいの規模のところか、週に何回くらいレッスンがあるのかなど、今の時代ならネットでも本でも調べることは出来ます。

よくやりがちなのは親が子にお金の面で向かい合って話をしないケースであり、まだ稼ぐことが出来ず親がお金を出すことを当たり前に思っている段階では、お金の尊さや学ぶことにお金がかかりそれがどれほどの意味を持つかを知るはずもありません。

その学びには一体毎月いくらかかるのか、お金を出すのは親だけれどもそれは当たり前のことではないこと、目的意識を明確にしてやることなど、本気でやるのかどうかをよく話し合って決めることです。

 

せっかく高いレッスン料を支払ってスタートしたのに、なかなか長続きをしないと親も困ってしまいます。

やらされている感があったり、結果が出なくて面白くないなどの理由があるケースもありますが、お金がかかるという現実的な面も、我が子と向き合って話し合い学びを決めることも必要です。