Skip to content

子供の習い事と勉強を両立させるコツ!

子供の習い事と勉強を両立させるコツとしてまず大切だと言えるのは、体力や時間、そして子供の性格などの様々な要素を親がしっかりと考慮して、肉体的にも精神的にも無理がないようなスケジュールを立ててあげることです。

 

無理のないスケジュールを立てる

習い事にかける時間があまりに長いために、夜に寝る時間が短くなってしまったり、忙し過ぎるために疲れて食欲がなくなってしまうような状況では、勉強との両立はまず不可能だと考えられます。本人がやりたいと思ったことがきっかけで習い事を始めた場合などには、教室だけではなく自宅でも練習したりといったように、親の目から見ると大変に見えるスケジュールを自分の意志で立てることがあるでしょう。

特に、頑張り屋だったり、一つのことに集中すると周りが良く見えなかったりする性格の子供は、そのような状況に陥りがちです。その場合に、本人のやる気を重視して温かく見守ってあげることは、一見悪くないように思えるかもしれません。しかし、そのままの生活を続けていくうちに、心身に大きな負担がかかってしまう恐れがあります。そうならないように、理性的な判断が出来る親がきちんとアドバイスをして、無理のないスケジュールになるように導いてあげることが大事です。

そういったアドバイスをする際には、頭ごなしに否定するのではなく、本人の意思を尊重しながらも、どのようにすればより無理のないスケジュールになるのかを、親子で一緒に考えるようにするのが理想的だと言えます。そうすることにより、習い事への情熱を保てますし、勉強に対するやる気を削ぐことがないと言えるからです。

勉強が疎かにならないようにする

子供の習い事と勉強を両立させるコツとして次に挙げられるのは、勉強が疎かにならないように、親がしっかりと導いてあげることです。習い事と勉強のどちらを大切に考えているかと本人に尋ねたら、習い事だと答える子供が多いと思われます。習い事は大変な思いをすることはあっても、目に見えるような形での成長を感じにくい勉強と比べると、楽しさややりがい、達成感といったものを感じやすいからです。

したがって、本人の意思に任せて行動を決めさせると、どうしても習い事やそのための練習にかける時間が多くなったり、より多くの情熱を注いだりすることになってしまいがちです。そうなったら、いくら無理のないスケジュールを立てていたとしても、勉強をするための時間が短くなったり、やる気が減少したりするといった問題が生じ、両立が出来なくなる可能性が高くなります。

そこで、習い事だけを重視するのではなく、勉強も大事にさせることが必要なのです。ただし、そのことを教える場合に、子供に上から押し付けるような態度に出るのは良くありません。反発心を芽生えさせてしまい、逆効果になってしまう恐れがあるからです。頭ごなしに押し付けるのではなく、将来のことを考えると、今のうちに色々な知識をきちんと身に付けておくことがいかに大事なことであるかを、本人が自分自身で理解出来るように分かりやすく説明してあげると良いでしょう。また、親子で将来のことを時間をかけて話し合い、どのように習い事を続けて行くのが正しいのかを考えたるのも良いやり方です。そのようにすることで、本人が自主的に勉強を頑張ろうと思うことが期待出来ます。

親がプレッシャーをかけないように心がける

子供の習い事と勉強を両立させるためのコツとして最後に挙げられるのは、親がプレッシャーを与えないようにすることです。例えばサッカーのようなスポーツだったり、英会話のような学習だったりと、親が自分も幼少期にやっておきたかったと思うような習い事を子供がしている時に起こりがちな問題が、親が過剰な期待をかけてしまうことです。そういった場合には、もっと上手くなってチームでレギュラーになって欲しいとか、もっと上達して将来は専門家になって欲しいといったように、自分の夢の押し付けになってしまうことも珍しくありません。

そのような過剰な期待を感じ取ると、子供はもっと習い事を頑張らなければならないという意識を持ってしまい、その結果勉強にかける時間や労力の割合が減少してしまう恐れがあります。さらに、例え始めたきっかけが親の勧めではなく、本人の意志であったとしても、そのようなプレッシャーを感じながらでは習い事をしていても楽しくないと思ってしまうことがあります。そうなったら両立どころか、どちらも上手くいかなくなってしまう恐れさえあるのです。

その反対に、成績をもっと上げるようにしつこく言ったり、自宅学習の様子を監視したりするなど、勉強に関してプレッシャーを与えるのも問題となります。そのような状態では学ぶ意欲を失ってしまいかねず、この場合も両立出来なくなってしまいます。そのような問題を生じさせないように、習い事に対しても勉強に対しても、ある程度楽な気持ちで向かい合えるような状況を作ってあげると良いでしょう。どちらに対しても心に余裕を持てるので、両立につながることが期待出来ます。