Skip to content

子供の集中力を高めるのに効果的な習い事は?

子供に集中力をつけさせたいと考える親も多いのではないでしょうか。

集中力がつけば勉強にも集中することができますので学力もアップさせることが出来ます。

 

 

集中力が続くのは学年×10分ぐらいです

しかし子供の集中力は大人が思っているよりもあまり長く続くことはありません。幼い子供ほどなかなか集中してくれず、未就学児の場合だとせいぜい5分から6分程度です。小学生の場合、学年×10分ですので小学校1年生ならわずか10分しか続きません。

しかし集中力が続く例外があります。それはゲームをしている時や公園で遊んでいる時、テレビを見ている時です。何故、勉強や習い事をさせる時は全く集中してくれないのに、この時ばかりは夢中になることが出来るのでしょうか。それはやはり楽しいことをしているからです。普段はあまり集中してくれなくても、楽しいことをするときだけは集中力が続きます。

そこで集中力を高めるためには、習い事も子供が興味を持つものや遊びを取り入れたリトミックなどの楽しいものにしなければなりません。最近の幼児用の英語教室や学習教室では、遊びや競争を取り入れたゲーム形式のものが増えてきていますので、低齢期の子供の習い事は楽しみながら行えるものやゲーム的要素を取り入れたもの、子供が興味を持っているものに限定して始めてみてはいかがでしょうか。

習い事で気をつけたいことは、本人が嫌がるものや、興味を全く持っていないものは最初の習い事として止めておいた方がよいでしょう。特に初めての習い事で、親が無理矢理やらせてしまうと、嫌な記憶にしかなりませんので、今後の親子関係にもヒビが入りますし、大きくなってから習い事に行くのさえ嫌になってしまう可能性があるからです。

右手と左手が別の動きをするピアノは子供の脳を鍛えます

集中力を高める習い事としてお勧めなのがピアノです。音楽的なセンスを身につけることはもちろんのこと、ピアノは右手と左手と別の動きをするため、脳の活性化にもよいとされています。音楽が好きな子やピアノに興味を持っている子なら、やらせてみてはいかがでしょうか。ピアノはとても集中力のいる習い事です。楽譜を暗記しながら記憶し演奏し、さらにその先の楽譜も先読みしていかなければなりません。さらに右手と左手は全く違う動きを行い、足でペダルを踏まなければなりませんので、かなりの集中力が必要です。

ピアノなどの音楽関係の習い事をすると、脳の活性化になりますし、視覚や聴覚、言語能力を高めることができますので、ピアノ以外の楽器に興味を持っていたら、好きな楽器を習わせてあげるのもお勧めです。音楽の習い事はHQと呼ばれる人間性知能を高めることが出来ます。人間性知能とは、人生を豊かに高めていく能力がありますので、HQが高まるとより幸せな人生を歩む可能性も出てくることでしょう。独創性や創造性も養われますので、色々な面でよい影響を与えてくれます。

レッスンはマンツーマンで個別レッスンを受けることも出来、自分のペースで習うことができますので、他者と比べられないため自信を失うこともありません。ピアノは集中力を高めるのによい習い事なのですが、子供が興味を全く持っていない場合は、無理して習わせては意味がありませんので注意しましょう。

そろばんやスイミング、書道もお勧めです

集中力を高める習い事としてお勧めなのがそろばんです。ピアノと同じように指先を動かすため、脳を発達させ、集中力を高めていくことが出来ます。上達するにつれて頭の中でそろばんをイメージすることが出来るため、暗算も得意になっていきます。計算する数字の桁数なども増えていきますので、かなり集中しておこなわなければなりません。

書道もお勧めの習い事です。微妙な手先の力加減が必要で、はねや止めやはらいを使い分けてバランスよく文字をかかなければなりません。姿勢を正し、集中して文字を書かなければなりません。集中力を高めることが出来ますし、何よりも美しい文字は一生の財産となりますので、親が子にやらせたい習い事の1つではないでしょうか。

スポーツ系の習い事もお勧めです。スイミングを習うメリットは、泳げるようになること以外にも、水から身を守る自己防衛力を高めることが出来ます。幼児期にスイミングを行うことによって、早い時期に水に対する適応力が身に付くため、水泳が早く上達出来、水難事故から自分の身を守ることも出来ます。また練習を重ねるほど、上達した達成感を味わうことが出来ますので本人のやる気も出てくることでしょう。スイミングは体を丈夫にする以外にも、脳の空間認知能力を高めてくれますので、スポーツが万能になるだけでなく、算数の図形問題が得意になります。手や足、呼吸動作を一度に行わなければならないため、脳の神経系が発達していきますので、集中力も高まりますし、頭のよい子に育っていくことでしょう。

習い事は子供からやりたいと言い出したものでも、時には行きたくないという時もあります。どうしても行きたくないときは休ませながら、長く続けさせていくのがポイントかもしれません。