Skip to content

赤ちゃんの習い事の費用はどれくらいになる?

子供の将来を考え、赤ちゃんの頃から何か習い事をさせてあげたいと考えているママも多いでしょう。

赤ちゃんの頃からできる習い事にはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、その種類と費用について詳しくご紹介していきます。

 

何をやらせてみたいのかを明確にしておきましょう

赤ちゃんの習い事と言っても、体を動かすようなものをやらせたいのか、それとも知育的なものをやらせたいのかなどによって、その方向性が異なります。

まず大切なのは赤ちゃん自身が嫌がらずにできることを探すことです。

まだお喋りも上手ではない時からやらせるものというのは、本人の意思で決めるものではありません。

その為、嫌がったり泣いてしまうようなものは選ばないことが大切なのです。

0歳の頃から習い事をさせることが早いのではないかと悩んでいるママもいるかもしれませんが、早期教育は0歳からでも可能と言われています。

早ければ早いほど、自然と学ぶことができるので0歳時から始めるのはむしろ良いとされています。

例えば英語教室に通わせることにした場合は、母国語と同じ速度で英語を学ぶことができると言われているのです。

耳が良い時期からネイティブな発音を身につけることで、英語に特別感を持つこともなく修得することが可能になります。

このように、月齢が早い時期からやらせてあげるというのは有効なのです。

ですが、赤ちゃん本人が怖がってしまったり、泣いて嫌がるようなものは継続しがたいとも言えます。

ママとしてはやらせてあげたいという気持ちがあるので、無理にでも連れていくことが多いようですが、これでは学びになりません。

あくまでも楽しんで参加できるものを選ぶというのが重要となるでしょう。

 

ママと一緒に体を動かす習い事がおすすめ

ママと一緒に習うことができるものを選ぶと、赤ちゃんも安心して楽しむことができます。

体を動かすことができるものとして、親子でプールを習うというのも人気があります。

まだ一人で泳ぐことができないので、ママが支えながら行うのですが、ママと一緒に行うことで安心して楽しむことができるのが魅力です。

また、最近では一緒に楽しめるヨガやエクササイズなども人気です。

運動不足のママにとっても楽しい時間を過ごすことができるので、育児のリフレッシュとして最適と言われています。

音楽に合わせて体を動かすことができるリトミックなどもニコニコ笑顔で楽しめるでしょう。

もちろん、合う合わないというのはありますので、体験レッスンなどに参加してみることが大切です。

費用としては、レッスン日数によって異なりますが、1回1500円程度で参加することができます。

月謝制の場合でも5000円程度で通うことができる上に、体調不良などの時には振替システムを設けているところが多いので、無駄なく通うことができるでしょう。

習わせる種類によっては最初に必要な道具を揃えることになる為、入会金や準備金などが必要となることもありますので、入会金が無料になるキャンペーンや道具を貸し出してくれる場所などを選ぶとお得に通うことができます。

春が近づくと体験レッスンの案内などが多くなりますので、チェックしてみてください。

 

知育に特化している習い事も魅力的

遊びの中から色々なことを学べる知育教室というものも人気があります。

ブロックや積み木に触れながら色々なことを学べたり、他の子供との触れ合いの中から学ぶことができます。

ある程度の年齢までは親子で参加し、その後子供達だけに移行していくスクールも多いので、長期間通わせることができる場所もあるでしょう。

英会話教室などは、音楽や体を動かしつつ、英語に触れることができるので勉強するという意識もなく始められることができます。

また、早期教育に特化した幼児教室の場合、いずれ小学校受験を目指す子供たちにも人気が高いのです。

幼児教室の種類によって、学習内容は異なっていますが、色々なカリキュラムがあるので楽しめるでしょう。

月謝制の場所が多く、高いと10000円程度することもあります。

高い月謝を払うことになりますので、振替ができるかどうかなどもチェックしておくと安心です。

赤ちゃんの場合は、遊びがメインとなりますが、幼稚園や保育園に入る前に集団での生活を経験できるという意味でも活用してもらいたい場所の一つなのです。

まずは、どんなことを学ぶのか、どんなレッスンが展開されているのかを体験レッスンに参加してみて見極めてみましょう。

 

赤ちゃんからの習い事は、本人の意思によって決めるものではなくママやパパが率先して決めることになります。

その為、大切なのは楽しんで通うことができるかという点です。

連れていく度、泣いてしまうようなものは継続するのが難しいので、まずは体験レッスンなどで様子を見てみるというのが大切です。

1回ごとに費用がかかる単発の習い事であれば、経済的な負担も少なく体験することができますので、継続するかどうか迷っている時にはそのようなシステムを導入している場所に通ってみるのもおすすめです。

親子で負担なく楽しめることが継続する為には必要不可欠ですので、色々な場所に出向き、何が合っているのかを見極めてみましょう。