Skip to content

赤ちゃんから始められる習い事の種類とは?

最近では、幼稚園や保育園に入る前の赤ちゃん時代から習い事を始める子供も増えており、その種類も多様になってきています。

しかし、たくさんの教室があるからこそ「うちの子にはどんなことを習わせたらいいのかしら」と悩む保護者も多いものです。

ここでは最近子供に人気の教室や赤ちゃんの才能を開花させる習い事など、保護者にとって役立つ情報を紹介しています。

 

耳からの情報をたっぷり与えて脳を刺激

生後一歳ごろまでの赤ちゃんは「あー、うー」と言葉を話すことはあっても、人と会話することはできないものです。

自分の意思を伝えたり会話ができるようになるのはだいぶ後になってからで、意思の疎通をさせることは大変困難な時代と言えます。

しかし、胎児の頃から耳の機能は発達していると言われており、お腹の中にいる頃から、母親や外部の音を聞いているとされています。

そこでおすすめしたいのが、生まれてくる前からでも始められる、クラシックや楽器を用いた音楽系の教室です。

母親自身がピアノ教室に通って演奏したり、クラシックのCDを聴くことも効果的ですが、音楽と一緒に体を動かすリトミックなどもおすすめです。

最近、幼稚園でも取り入れられているリトミックですが、ピアノの音に合わせて体を動かすことで表現力が鍛えられるといわれていて、小さい音や強い音などを喜怒哀楽を交えて表現することで、脳が鍛えられ言語や身体能力の発達に役立つそうです。

例えば、音楽に合わせて手遊びしたり、童謡を歌いながら二人組で腕を使って振りを付けることは、聴覚と運動神経をうまく機能させることが必要です。

簡単にできるように思われますが、赤ちゃん時代から音楽に親しみ、音と聴覚、そして運動を結びつけることが、脳の発達に役立ちます。

言葉は話せなくても、耳からの刺激を多く取り入れることが、幼児期の子供に最も必要なことだと言えるでしょう。

 

幼児期から楽しく語学を学べる環境を準備

「言葉を話せない赤ちゃんに、外国語を勉強させるなんて無駄だ」という人がいますが、実際は全くそのようなことはありません。

幼児期の子供は、発声の能力が発達していないからこそ、耳からの情報を多く取り入れようと努力しています。

「オウム返し」という言葉がありますが、幼児は耳から入ってくる大人の言葉を、そのまま声に出して発声し、話して覚えようと努力しています。

そのため、聴覚の能力は大人以上に鋭く大変発達していると言われており、幼児期にたくさんの言葉を聞いて耳を鍛えることはけして無駄とは言えません。

また、耳からのアンテナをたくさん張っている幼児期だからこそ、綺麗で正しい発音の外国語を聴いて耳を慣らすことは大変重要なことです。

語学の習い事としては、英語教室がおすすめですが、できればネイティブの外国人講師がいる教室や、歌などで楽しく英語が学べる教室がおすすめです。

近い将来、英語教育が強化され、学校での授業が前倒しで始まると予想されるため、耳の機能が発達している幼児期から習い始めることは重要なことと言えます。

幼児期から大人まで、長く学習していくためにも、楽しく学べ、自然に耳に入って発音できるような環境を用意してあげることが大切です。

 

スイミングやマッサージで心地よい親子の時間を

あまり体を自由に動かすことができない赤ちゃんでも、大人の手を借りて楽しく心地よく運動することが可能です。

例えば、ベビーマッサージなどがその例で、ベビーオイルなどを用いて専門のインストラクターの元で、赤ちゃんとのスキンシップを楽しみます。

幼児期は首や腰が据わっていない子供多くいるため、このような教室は助産師や専門の資格を持った講師がいるところが安心です。

ベビーマッサージで保護者とのスキンシップを行うことで肌が刺激され脳や精神の発達に役立つとも言われています。

また心地よい時間と空間が子育てにも一役買うため、教室としてだけでなく子育て講座の一環として取り入れてみるのも良いかもしれません。

体を使った教室としてはベビースイミングも人気で多くのスイミングスクールで幼児期から始められるコースを設けています。

陸上ではうまく体を動かせなくても、元々赤ちゃんは羊水の中にいたこともあって抵抗なく自然に水と親しめることが多いものです。

中には水を怖がって泣いてしまうケースもありますが、小さければ小さいほど、大人と一緒に心地よく水の中でリラックスできます。

水の中で自由に体を動かすことで身体能力が鍛えられたり、肺機能が整ったりするので、できるだけ小さいうちから始めることがおすすめです。

 

体が自由に動かせなかったり、言葉を発することができなくても、幼児期から始められる習い事はたくさんあります。

特に、聴覚は大人より発達していると言われているため、音楽やリトミック教室、英語などの語学教室がおすすめです。

また、水の中で自由に体を動かすベビースイミングや、スキンシップによって肌へ刺激を与えるベビーマッサージもおすすめです。

幼児期だからこそ、たくさんの刺激を与えて才能を開花させる環境を整え、楽しく心地よく習い事を始めることが大切だと言えます。