Skip to content

自分で教えることと習い事に通うことの違いとは

子どもがある程度成長した時には、何か習い事をさせようかと考える親が多いのではないでしょうか。その際に悩むのが、親が自ら教えるのか、スクールに通わせるべきなのかという点です。小さい頃ならば、親が教えられる範囲のことも多いので悩むのは当然のことではないでしょうか。

勉強やスポーツ、音楽など様々な分野がありますが、子ども自身が興味を持つものであり、内面的な成長ができるものを選ぶべきです。親が自ら教えるのと、スクールに通わせるのとでは、それぞれにメリットや注意点には違いがあるのでよく考えてから決断することが大切であり、子どもの将来にも影響をも左右することにもなりかねないということは頭に置いて起きましょう。

自分で教えることと通わせることの金銭面の違い

自分で教える場合には、スポーツならば道具で音楽ならば楽器や楽譜、勉強ならば教材を購入するだけで良いので、初期費用も安く抑えることができ、初期費用を除いてはほとんど出費はありません。金銭面での負担は軽減させたいと考えているならば、自らで教えるべきと言えます。

スクールに通わせるとなれば、やはりある程度の費用は必要になってくるということは頭に置いておかなくてはなりません。初期費用だけではなく、月々支払う月謝や、イベントがあれば参加費が必要になったりと様々な出費を想定しておく必要があります。専門家やプロが教えるとなれば、料金も高くなっていくことは当たり前のことと言えます。もちろん同じ分野でも、どこのスクールに通わせるのかによる料金の違いはかなり大きくなるので、よく比較して選ばなくてはなりません。

習い事に通わせるメリットについて

親が得意な分野となれば、わざわざ高額な費用を払ってまで子どもをスクールに通わせなくても、自分で教えた方が金銭面の負担もなく、好きなタイミングで教えることができるので良いのではないかと考える人が多いのではないでしょうか。

しかし、自分が得意としている分野となれば、我が子も得意に違いないと決めつけてしまったり、過度な期待から厳しくしすぎてしまうということもあります。我が子ということから、感情的になりやすくなってしまうということもあり、子どもが嫌気がさしてしまうこともあり、それで話は元も子もありません。

スクールに通わせることにより、客観的に子供のことを見ることができるようになります。スクールならば、他の子どもや講師とも関わることになるので、コミュニケーション能力を高めたり、他人との協調性を学んでくれたりと、内面的な成長が期待できるというのも良い点ではないでしょうか。

スクール選びのポイントについて

自らの得意分野で子どもに教えたいことに対してかなり自信がある場合には、自ら教えるという方法も一つの手段ですが、やはり本当に専門的に学ばせたい時には、プロや専門の人に教えてもらうべきです。その際には、同じ分野でもスクール選びには気をつけるようにしましょう。金銭面の違いは比較しやすいですが、それだけではなく子どもが楽しんで通うことができ、信頼できるスクールを選ぶ必要があります。

親と子どもとの関係性にもよりますが、熱が入れば入るほど厳しくしてしまうのではないでしょうか。そうなれば、家の中にも熱血な講師が常にいる状況になってしまうので、子どもが心が休まる場所がないと感じてしまったり、親に相談ができなくなってしまいかねません。それぞれの家庭による違いはもちろんありますが、内面的な成長という視点から見ても、自ら教えるよりもスクールに通わせた方が良いといえるのではないでしょうか。その際には、子どもの意思も尊重してスクール選びは慎重に行うように気をつけましょう。