Skip to content

習い事を体験させるメリットは?

習い事を体験させるメリットは多くあります。

その中で子供の成長に特にプラスになるのは、自信が持てるようになることであり、その自信は自分の人生を歩むうえで大きな支えになります。

その他にも粘り強さや社交性も身に付けられることが考えられます。

 

何かをやり遂げることで自信を持てるようになる

習い事を子供が体験すると、自信を持てるようになります。

これはあらゆる習い事に共通しているメリットです。

ピアノでもサッカーでも、最初は上手くできません。

それでも教室に通ってコツコツと練習することで、少しずつ上達していきます。

上達によって子供の中に自信が生まれ、この点は生きていく上で大きな支えになるでしょう。

人生は楽なことだけではありませんし、辛いことや悲しいことも多くあります。

そのようなことに直面した時に、自分を見失わない力を持っていればしっかりと前を向いて生きられます。

どんなことを習う時も反復の練習がありますが、この練習は退屈な時もありそれほど面白くもありません。

しかし、それを繰り返すことで能力が上がっていきます。

例えばサッカーではボールタッチが基礎になります。

足でボールを取り扱えるように繰り返し練習します。

その練習を繰り返し行うことで、サッカーの基礎的な能力を身に付けて、試合で活躍できるようになるでしょう。

単調で苦しいボールタッチの練習をやり遂げたと言うことが自信につながり、本番の試合で実力を発揮できるようになります。

この苦しさを乗り越えて何かを掴むプロセスは、大人になってからも繰り返さなければなりません。

例えば会社に入ったばかりの時は仕事の仕方は分かりません。

しかし、先輩に教えてもらって自分でも試行錯誤を繰り返すことで一人前の社会人になります。

この時の支えになるのは、子供の時に何かを習ってそれをマスターしたと言う自信です。

もし子供の時の経験がなかったら、社会で困難に直面した時にそれから逃げ出してしまうかもしれません。

しかし自分に自信があれば、怯むことはなくなります。

 

粘り強さを身に付けられるようになる

どんなことでも最初からうまくできる子供はいません。練習を重ねることで、上達していきます。

繰り返し練習をしても上手くいかないこともあり、そんな時にもあきらめないで続けていけば、粘り強さを身に付けられます。

これは自分の家では難しいことで、自分の家でもしつけを通して粘り強さを身に付けさせる必要がありますが、親の場合はつい甘くなってしまうことがあります。

子供の能力を客観的に見ることが難しいので中途半端なところでしつけが終わってしまいます。

教室の先生だったら、いろいろな子供を見ているのでその経験に基づいて能力を最大限に伸ばすことができます。

そのためには厳しい教え方もしなければなりませんし、叱る必要もあるでしょう。

叱れたら子供はがっかりしますが、それを乗り越えることで子供の心は鍛えられます。

粘り強さを身に付けるためには、親の協力も大切で特にほめることがポイントになります。

少しの上達でも認めてほめていけば、子供は自分の習っていることを続けられるでしょう。

反対に子供がやめたいと言う場合があれば厳しく叱る必要もあります。

習っていることをすぐにやめてしまったら、粘り強さが身に付くことはありません。

当たり前のことですが、決まった時間に教室に連れて行く上でも子供の学ぶ姿勢ができていきます。

好きな時間に好きなことばかりして、お稽古事は身に付きません。

親が子供を支えることで、子供の技量が高まっていきます。

子供からすれば親のしてくれることはその時は分からないかもしれませんが、いつか成長したら感謝の気持ちを持つのは間違いないでしょう。

 

他の子供と触れ合うことで社交性ができる

現代は一人っ子が多いので、社交性を身に付けるのは難しいことがあります。

家で一人で遊んでいたら、それが身に付くことはあり得ません。

何かを習うことで、他の子供と触れ合って社交性を持つことができるようになります。

社交性はコミュニケーション能力とも呼ばれるもので、この能力は大人になってから特に重視されます。

どの業界でもコミュニケーション能力の欠けている人は良い仕事をすることができません

子供のうちからいろいろな人と触れ合っていたら、コミュニケーションをする力は自然にできてきます。

子供にとって親は自分の言うことを聞いてくれる存在です。

何かを頼んでも、拒否されることはないでしょう。

しかし教室で接する他の子供は、自分の言うことを聞いてくれるとは限りません。

最初はその点に不満を持つこともあるでしょうが、やがてそれを受け入れられるようになります。

そしてその子供の考えや気持ちも尊重できるようになりこれが社交性を持つ第一歩になります。

他の人を受け入れるのは難しい面もありますが、心が弾むことでもあります。

他人と心が通い合えば、大人でも嬉しさを感じます。

感受性の強い子供だったら、大きな喜びになるでしょう。

野球のようなスポーツの教室だったら、チームワークの重要性を学ぶようになります。

子供が自分で何でもできるわけではありません。

他の人に頼らなければならないこともありますし、自分が頼られることもあるでしょう。

このような相互の協力関係を通しても、子供はコミュニケーションの大切さを学べます。