Skip to content

習い事を始めると月謝以外にかかる費用とは?

子供に何かを習わせようとすると、月謝を支払う必要があります。

月謝だけ支払えばいいと考えがちですが、それ以外にもお金がかかるときがあります。

月謝以上に負担になるときもあるので、何にお金がかかるか知っておくと良いでしょう。

道具や教材を買わないといけない

世界的にもプレー人口が多いスポーツとしてサッカーがあります。

その理由としてあまりお金がかからないからとされています。

野球の場合は道具として、グローブ、バット、ヘルメットなどが必要です。

もちろんボール等も必要になるでしょう。サッカーならボールさえあれば一人でリフティングの練習などができます。

もちろん本格的にやろうとすればいろいろかかってくるでしょうが、それぞれのスポーツによってかかるお金は変わってくるかもしれません。

子供が習い事を始めると月謝以外にかかる費用として何があるかですが、道具や教材分が必要になるでしょう。

スポーツ系や芸術系だと着の身着のままで行えないときもあります。

ユニフォームが必要になったり、各自で備品などを用意しないといけないときがあります。

学習系であればテキストなどの教材が必要になり、そろばん等の道具が必要になるときもあります。

注意したいのは最初に揃えればそれ以上かからないわけではない点でしょう。

スポーツ系でも芸術系でも子供の成長に合わせてユニフォームなどを新調しないといけないときがあります。

学習系ならテキストがそれなりに変化するので、それに合わせて買い替えないといけないときもあります。

まさに何を選ぶかによってかかるお金は大きく変わりそうです。

学習系に関しては、教材分が毎月の月謝に含まれているときもあります。

その他スポーツ系でも備品を月謝からその都度買うときもあり、教室による違いもあります。

子供の送り迎えや子供の食事代がかかる

公立の小学校は子供の住んでいる地域によって行く学校が決まっています。

都市部ならほぼ徒歩圏内になり、地方でもできるだけ徒歩で行ける範囲に設定されています。

少し遠くなると自転車通学などを認めているところもありますが、あまりお金のかからないような配慮がされています。

一方で私立の小学校となると地元近くにあることは少なく、電車などで通学しないといけないことが多いです。

電車などの交通機関を利用する時にはそのための支払いをしなければいけません。

学割は通常よりも安く設定されていますが、負担として考えておく必要があるでしょう。

もし子供が習い事を始めると月謝以外にかかる費用として何が必要になるかですが、自宅から近くないのであれば通うためにお金がかかる可能性があります。

電車やバスなどを使うならそれらの運賃を払わなくてはいけません。

親が車で送り迎えをするなら、ガソリン代や駐車にかかるお金を考えないといけないでしょう。

平日の夕方であれば、その日の夕食を別途用意しないといけないときがあります。

また土日などの休みの日に行われるなら昼食を用意しないといけないかもしれません。

自宅でお弁当を作って持たせれば節約はできますが、全くかからないわけではありません。

近くの飲食店を利用させたりコンビニやお弁当店で買わせるのであれば、その都度そのための支払いが必要になります。

1日数百円レベルの話ですが、何年も続くとなるとそれなりの金額になると言えるでしょう。

親が参加しないといけないときがある

子供を学校に行かせているときは全て学校任せにできるわけではありません。

親は保護者として対応する必要があります。

幼稚園や保育園となると毎日のように送り迎えをする必要がありますが、小学校となると子供が自分で登校をしてくれます。

親が学校に行くときといえば三者面談があるときや運動会などのイベントがあるときかもしれません。

子供が通えるところにある場所ですから、行くのに特にお金がかかることはないでしょう。

子供が習い事を始めると月謝以外にかかる費用として考えないといけないものに何があるかですが、親の移動のためのお金があります。

基本的には子供が現場に行って帰ってくるだけで親が行くわけではありません。

しかしスポーツ系の場合だと親が世話役をしないといけないときがあります。

土日などは子供が練習している間ずっと同行するので、その時にかかるお金を考えておく必要があります。

練習に参加するぐらいならそれほどかかりませんが、遠征するときなどは遠征のための旅費がかかります。

全国大会などに出場するとなると、一回当たりの往復で1万円以上かかるときもあります。

スポーツ系や芸術系だと適度に遠征などに行くときがあるので、どれくらいかかるかを考えておく必要があるかもしれません。

学習系はほとんど付き添うことはないでしょう。

学校同様三者面談に出るくらいなので、親が移動したり活動したりはありません。

スポーツ系に比べるとお金の負担が少なくなりそうです。

 

スポーツ系や芸術系では、道具やユニフォームなどにお金がかかります。

学習系なら教材を用意するときに必要になるかもしれません。自宅から離れているなら移動や食事代もいります。

親が参加する必要があるなら、親のお金も必要になります。