Skip to content

子供の習い事はいつまで続けるべき?

子供に習い事をさせるときに最初からいつまで続けるかを考えないかもしれません。

もちろん長く続けさせるのはいいことでしょうが、時には区切りをつけた方がいいときもあります。

いつまでやらせるのかを考えてみると良いでしょう。

 

小学校を卒業するまで続けさせる

幼稚園や小学校に通わせている時、余っている時間が多くあるように感じます。

そこで考えるのが習い事をさせることでしょう。

何をさせたらいいのかや金銭的な問題などもあるでしょうが、やらせることで時間をうまく使えるようになるかもしれません。

スポーツ系であれば楽しむこともありますし、学習系なら学校の勉強に役立ったりもしているようです。

では一度習わせ始めたときにいつまで続けるべきかを考えないといけないでしょう。

スポーツ系などであれば必ずしも小学校までではなく、野球なら中学でも活動できるシニアクラブなどがあります。

学習塾でも小学生向けの他に中学生向けもあります。

一応中学でも通わせられますが、小学校卒業を一つの区切りにしてみると良いかもしれません。

スポーツ系なら中学校のクラブ活動もありますし、学習系も中学一年で行かせなくても良いときもあります。

中学生活での様子を見て再び考えると良いかもしれません。

 

複数あるなら他との兼ね合いを考える

習い事はいつまで続けるべきかを考えるとき、複数させているなら他との兼ね合いを考えると良いかもしれません。

同じような系統であれば複数やらせても大変になるだけです。

一方を辞めさせた方がいいかも知れません。

既に複数行っているときに辞めさせる場合もありますが、新たに何かをやらせるときに別の一つを辞める判断をしても構いません。

特に本人が別のことをやりたいと言ったときは、他を辞めるかどうかの判断をさせると良いでしょう。

 

子供が嫌がって目的がなくなったとき

子供に習い事をさせるきっかけとして、本人の意思の場合と、親がやらせる場合があります。

小学校に上がる前や小学校の低学年だと子供自身は何をしたいのかの判断が付きにくいです。

親が子供の将来を考えて、こんなスポーツをやったらいいのでは、こんな芸術をやらせたら役に立つのではないかなどを決めていきます。

子供は初めてのところだと嫌がるときもありますが、慣れてくると嫌がらずに行ってくれるでしょう。

そのまま問題なく行ってくれればいいですが、子供の方で行きたくない理由ができるときがあります。

教室の先生に怒られたり、友達とうまくいかないとき、習っている内容をうまくこなせなくなるときなどがあるようです。

ただ辞めたいと言ったからと言って簡単に辞めさせるのは良くありません。

それをすると、辞めたいといえば何でもすぐに辞められる癖がつく可能性があるからです。

まずは子供がなぜ辞めたいのかの話を聞き、必要であれば親が教室などに行っていろいろ事情を確認しましょう。

子供のわがままが理由なのであれば何とか継続するよう説得します。

ただそれでも嫌がるときにあまり無理やり続けさせるのも子供のためになりません。

また、行く目的がなくなった時、習い事を続ける意味はなくなるでしょう。

スポーツの技術を向上したいのに向上できないなら辞めた方がいいかも知れません。

その場合、辞めたことが将来良い方向に向かうようにしないといけないでしょう。

 

小学校の卒業を区切りにすると親にとっても子供にとってもわかりやすいかもしれません。

複数行っているなら他との兼ね合いで何を続けて何を辞めるのかを考えましょう。

目的が達成できていないなら続けさせる意味が減るでしょう。