Skip to content

チケット制の習い事とは?

子供に習い事をさせようと考えたときにまず悩むのは、どんなジャンルが良いのかという点ではないでしょうか。

運動系や学習系、音楽系などありとあらゆる分野があり、スクールの数も一昔前とは比較にならないほど多くなりました。

どんなに周りが良いというスクールやジャンルでも、子供によって合うか合わないかのジャンルの違いがあるのはもちろんのこと、同じジャンルでもスクールによって講師や雰囲気にも違いがあり子供に合っているスクールを選ぶことが重要になってきます。

スクールに通わせる際に気になるのは、必要となる費用はどの程度なのかという金銭面の違いではないでしょうか。

同じジャンルでもスクールによって、費用にはかなり大きな違いがあります。

入学金やレッスン料はもちろんのこと、テキスト代が必要になったり、免許や試験がある場合は受験費用も必要になります。

まだ子供が幼いとなれば、本当に適しているスクールなのかもわからなかったり、月謝制となっていると、毎月同じペースで通わせることができるか不安ということもあるのではないでしょうか。

その際に役立つのがチケット制のスクールです。

 

チケット制スクールのメリット

チケットの制度の場合には、自分たちの都合に合わせて好きなタイミングで足を運ぶことができるので、ライフスタイルに合わせてペースも考えながら通うことができます。

決まった曜日や時間に必ずしも足を運ぶことができるかわからないという場合には、適している制度と言えます。

共働きで子供の送り迎えがいつできるかはっきりとはわからないという人だけではなく、子供がまだ小さく体調の変化が起きやすいというときにも、チケットの制度を選んでおくとお金を無駄にしなくてすみます。

どんなジャンルでどのスクールが適しているのか知りたいという場合にも、お試し感覚で足を運んでみやすいというのもメリットの一つと言えるのではないでしょうか。

 

チケット制のタイプの違いについて

一口にチケットといってもスクールによって制度には違いがありタイプは一つではありません。

何回かまとめた分のチケットを購入し、定められた期間内に使い切るというスタイルを設けているところもあれば、有効期限は特になかったり、足を運ぶごとに一回分のチケットを購入するというスタイルのスクールもあります。

まとめて購入となれば、割安になるスクールもあります。

有効期限内に使いきれない分を購入してしまうと、割安で購入した意味がなくなってしまうどころか、損になることもあるので、多少は割高になっても有効期限がある場合には期限内で使い切ることができる枚数を購入するようにしておくべきです。

 

チケット制で注意すべきポイント

有効期限の有無には十分気をつけておくようにしましょう。

それだけではなく、月謝制よりも足が遠のいてしまいがちになるということも頭に置いておかなくてはなりません。

月謝制となれば、その日に足を運ぶことがあらかじめ決まっているケースが多いことや、毎月決まった金額を支払うことになり、足を運ぶか運ばないかは関係がないので、行かないと勿体無いという気持ちから通い続けることができる場合が多いです。

しかしチケットとなれば、好きなタイミングで足を運べば良いという気持ちになってしまい、足が遠のいてしまいやすくなりがちです。

チケットの制度ならば、いつでも好きなタイミングで参加することができると考えてしまいがちですが、スクールの中には人数制限があるなどの理由から、チケットを利用する場合でも、あらかじめ予約が必要となるケースもあるのでチェックしておく必要があります。

スクールによっては、チケットと月額制の両方から選択することが可能なスクールも存在しています。

その場合には、割高でもまずチケットの制度を利用してみて通い続けることができ、通うメリットがあるのかということを考えてみるようにしましょう。

考えた結果、良いと感じた場合には月額制に変更するという方法も一つの手段と言えます。

チケットの制度の場合にも、入学金が必要になるのかや、他にイベントなどに参加するための費用が別途発生する可能性があるのかは、スクールごとに違いがあるのでよくチェックする必要があります。

 

忙しい人が増えている今の時代だからこそ、決まった曜日や時間にスクールに足を運ぶことが困難ということも珍しくはなく、通いやすいようにチケットの制度を取り入れているスクールは増えています。

子供の場合には、どんなジャンルが適していてどのスクールが良いのかということがわからないという人も多く、その場合にもお試し感覚で利用することができるというメリットもあります。

よく比較してからスクールを選びましょう。