Skip to content

オンライン習い事のメリットとデメリットって?

近年、オンラインを使って習い事を利用している人が多くいます。

英会話レッスンなどをイメージする人が多くいますが、最近ではいろいろなジャンルが増えています。

英会話やプログラミング、家庭教室や料理、体操やヨガといったさまざまな種類があり、自宅で気軽に習うことが可能です。

オンラインでの習い事のメリット・デメリットを知っておきましょう。

 

自宅で気軽に学習できるので便利

オンラインでの習い事を利用するにはいろいろなメリットがあり、例えば通学したり通塾しなくても自宅で学ぶことが可能です。

何かを習う際に重要なポイントになるのは教室の場所になります。

家から近いほど良いのですがパソコンを利用した場合はスカイプといったテレビ電話などを使ってレッスンを受けることができます。

自宅にいながらいろいろなことを習うことができるので便利です。

家事や仕事などで忙しくても、送り迎えの手間や時間がかかりません。

遠いところまで通わなくてもよいので、子供の防犯にも繋がるでしょう。

家にいながら学習することができるので、保護者の目が届きやすく時間の自由度も魅力的です。

パソコンを使うので一般的に予約制が多く、時間や保護者・子供の状況などに合わせ自由に調整することが可能です。

テレビ電話などを用いてレッスンするので、基本的にマンツーマンでのレッスンになります。

特に語学のレッスンは先生と一対一による学習になるのでレベルアップを図ることが可能です。

プログラミングのレッスンについてマンツーマンの分、利用者のペースに合わせ学習を進めることができるでしょう。

成長期の子供にとっては集中力がアップするという意味で有益と言えます。

 

パソコンがあるとすぐに始められる

オンラインで習い事をするメリットとして料金が安いことがあげられます。

実際通塾するよりかなり月謝が安くなり、例えば英会話のオンラインレッスンの場合は月額制だったり時間制になるので数千円で利用することが可能です。

必要に応じて回数をアレンジすることができ、中には1回のレッスンが1000円〜2000円ぐらいのものもあるでしょう。

マンツーマンで話すことができたり、家族と一緒にレッスンを受けることが可能です。

プログラミングの場合は学習動画を観察することができたり、1日5分などの短時間で勉強することができます。

人気講師が実際行っている授業を配信しているので、親切な解説で動画を見ることが可能です。

英会話の場合、通常スカイプなどを使ったインターネット回線を利用します。

スカイプ同士だとテレビ電話のように会話することができ、通信料が無料になるので便利です。

講師とパソコン越しに直接顔を見ながらレッスンすることができるので、英会話教室に通うのと同じような雰囲気で授業を受けることができるでしょう。

必要なものはインターネット環境が整っていたり、パソコンに繋げるカメラとマイクが必要です。

スカイプをダウンロードし初期設定するとすぐに利用することができます。

準備が整うといつでも英語を学ぶことができ、子供はもちろん大人もレッスンを受けている人が多くいる人気の習い事です。

 

講師が選びにくく動きが確認しづらい

オンライン習い事にはいろいろなメリットがありますが、デメリットもあげられます。

例えば英会話のデメリットとして、講師の選びにくさがあります。

一般的にホームページにあるたくさんの講師の中から選択して予約する仕組みです。

都合の良い時間に講師を選ぶことができますが、レッスンが始まってみないと先生のレベルや相性などはよく分かりません。

人によってはなまりがあるので、英語が分からない上余計に混乱することもあるでしょう。

講師はアジアの人が多く、その国特有のなまりのようなものがあるので慣れるまで時間がかかるかもしれません。

英語のレベルが上がってきたり講師に慣れてくると大丈夫です。

年配の人の方がなまりが強い傾向にあるようで、若い世代ではあまりありません。

スカイプを使っているので確かに顔は見えるのですが、実際対面するのとはやはり違っていて細かい動きなどは見えにくいことがあります。

特に子供は体の動きや言葉などを連動して覚えることがあるので、パソコン画面ではどうしても大きな動きを見せることができないので、子供が楽しみながら学習できるというわけにはいかないでしょう。

 

近年オンラインを利用して習い事をしている人が多く、英会話やプログラミング、体操やヨガなどさまざまな種類があります。

自宅で気軽に習うことができ、パソコンを使ってレッスンを受けることが可能です。

いろいろなメリットがあり自宅で学習することができたり、パソコンがあるとすぐ始めることができます。

プログラミングでは人気講師が授業している様子を見ることができたり、英会話では好きな時間に予約することができたくさんの講師から選択することが可能です。

デメリットとして講師が選びにくかったり動きが確認しづらいことがあげられます。