Skip to content

習い事をさせるメリットとデメリットとは

教育機関として幼稚園や小学校などがあります。
それらに通う中でも色々学んでくれるでしょう。
しかしプラスで何か習わせると、新たな能力を発揮してくれるかもしれません。
ただ何かを習わせようとするときには注意点もあるのでそれを確認しておきましょう。

時間に関していい点とよくない点

時間は誰にでも平等に与えられ、1日は24時間あります。
上手く使える人は有意義な生活ができるでしょうし、そうでない人は何もしないままどんどん日にちが過ぎてしまうこともあるでしょう。
子供は学校などで比較的時間に縛られた生活をしているものの、自分の力ではなかなか効率的に時間を使えないときがあります。

子供に習い事をさせるメリットとしては、時間の使い方を覚えさせる効果があるかもしれません。
何もしていない子は、学校が終わるとだらだら遊ぶだけ、テレビを見るだけになりがちです。
週に何回か習い事をしている子は、他の子に比べると自由な時間が少なくなります。
少ない分、より大事に時間を使うようになるかもしれません。

デメリットとしてはその分自由な時間が少なくなるところでしょう。
1週間に数日数時間ずつぐらいなどならそれほど問題ありませんが、毎日何かをさせたり土日などにも活動があるものをさせると自由時間が減って自分のやりたいことができなくなります。
親が決めることが多いでしょうから、無理し過ぎないように注意すれば良いでしょう。

知識や技術は得られるがお金がかかる

子供が生まれると、親が子育てをしていきます。
最初は話せなかった子が少しずつ言葉を話せるようになり、物事の理解ができるようになります。
親としてはとても嬉しいことでしょう。

公的な学ぶ施設として幼稚園や保育園、小学校などがありそれらで基本的な知識や技術を学べます。
しかしそれ以上のことを学ばせたいとき、子供自ら学ぼうとすることはないかもしれません。
親がある程度そのための環境を与えてあげる必要があるでしょう。

習い事をさせるメリットとしては、学校では得られない知識や技術が得られる点が挙げられます。
学校で行わない学習内容や習字やそろばん教室、スポーツなどで技術を身に着けられます。
何もしていない子よりも、習っている内容分のアドバンテージが得られます。

デメリットとしてはそれなりにお金がかかってしまう点でしょう。
無料で習えるところは少なく、親は一定の負担をしなければいけません。
無理をすると通わせられなくなる可能性があるので、お金に余裕がある範囲で行いましょう。

興味を引き出せる反面、日常生活に問題が出る可能性

世の中には色々な分野で活躍する人がいます。
比較的わかりやすいのはプロスポーツ選手かもしれません。
そのスポーツに置いて一定の成績を収め、収入も非常にたくさんもらっています。
それ以外にも医師や弁護士、政治家など生活に密接した職業で活躍している人もいます。

親としては、子供に好きなように生活をさせたい気持ちもありながら、優秀な人材に育ってほしいという気持ちもあるかもしれません。
習い事をさせるメリットとして、興味を引き出させることができる点があります。

スポーツの才能があるのにさせなければ、それが分からない可能性があります。
勉強教室に通わせたら、どんどん自分から勉強するようになるかもしれませんが、通わせなければ特に勉強に興味を持たないかもしれません。
子供にきっかけを与えることができるのです。

デメリットとしては、習わせたことに夢中になりすぎる可能性があります。
すると日常生活に問題が出てくるかもしれません。
親がセーブしてあげると良いでしょう。

 

何もしないより時間が少なくなれば、時間の使い方がうまくなる可能性がありますが、あまり習わせすぎると自由な時間が無くなるので注意しないといけません。
知識や技術は得られるもののお金も必要なので、できる範囲で習わせましょう。