Skip to content

習い事の月謝は平均どれくらいかかる?

子供に何かの習い事をさせたいという方は多いかと思います。

もちろん子供の心や身体を成長させるためのものなら、親としては気持ち良くお金をかけてあげたいものだと思うでしょう。

しかし高い月謝が、月々の家計を圧迫するようでは困ります。

ですので子供のお稽古事にはどの程度の月謝が必要かを、事前によく考慮することが大切だと思います。

 

芸術に関する習い事にはどのくらいの月謝がかかるか

ピアノやバイオリンに代表される音楽系のレッスンは、大手の音楽教室であれば、入学金が5.000円程、月謝は平均7.500円程かかります。その他に教材費として5000円くらい、グレードの試験料として2000円くらいが相場でしょう。個人の教室は、月5.000円程度と、多少安めのことが多く、グレード試験もないので、その分負担は少ないといえます。

音楽関係では、発表会費用も必要になると思いますし、楽器購入の費用もばかになりません。ピアノ教室であれば、アコースティックピアノか電子ピアノの購入が必要になりますし、バイオリンは成長と共に楽器を買い替える必要があります。また、調弦や弓の張り替えなどのコストも考えておく必要があります。

女の子に人気のバレエ教室は、講師のレベルにより、月に平均6.000円~9.000円の負担と、かなり幅があるといえるでしょう。しかし、それ以外にも、発表会関連の費用や先生へのお礼、レオタードやステージ衣装、またはトゥシューズ代など、かなり負担が大きいと思います。

レオタードは4000円くらいから、シューズは2000円くらいからの負担になります。また、上達してコンクールに出場するとなると、さらに負担額は増すようです。バレエ団の附属教室のような本格的な教室でなく、カルチャースクールやスポーツクラブ内の教室を利用することで、月謝を減らせることもあるようです。

 

スポーツ系の習い事はどのくらいの月謝がかかるか

サッカーや野球などは、運営しているチームにより月謝は異なりますが、平均的には、入会金が5.000円程度、月謝は5.000円~7.000円くらいが相場だと思います。

それ以外にも、ユニフォームやシューズ代、さらに道具類を買い揃える必要があります。また、遠征費用で1回数万円の負担が生じることもありますし、移動の時の車の手配やコーチへのお茶出し等、保護者のサポートを求められることも多いので、それらをあまり負担に感じることなく、子供と一緒に楽しんで参加できることが大切になると思います。

スイミングは、教室によって若干幅がありますが、ほとんどが6.000円~8.000円ほどの月謝になるでしょう。上達が目覚ましい場合なとは選手養成コースへの編入をすすめられますが、そうなると月に1万円ほどの負担になります。また、消耗品として水着やキャップが必要ですし、スクールバスの利用には別途バス代がかかるでしょう。

 

学習系の習い事はどのくらいの月謝がかかるか

是非、早い時期から始めさせたいという保護者が多いのが、英語教室ではないかと思います。小学校からの英語教育導入に備えて考えている方も多いかもしれません。ほとんどの英語教室の月謝は、平均で6.000円~8.000円くらいで、その他にも、年会費や教材費という形で10000円から20000円ほどかかるようです。自宅で学ぶオンライン英会話でしたら、月に3.000円程度の負担で始められる場合もあるでしょう。

また、最近人気のものとしては、プログラミングのスクールがあります。将来、役に立つ習い事として子供にやらせたいという方も増えているようです。月謝は平均6.000円~12.000円ですが、機械や理系のことに興味がある子には向いているかもしれません。スクールでは、パソコンやタブレットが使えることが多いようですが、自宅での復習には、それらの購入が必要になる場合もあるでしょう。

昔から人気がある書道ですが、こちらは、月平均2.500円~4.000円ほどとお手頃です。道具一式は必要になりますが、学校でも使うものなので使い回しが可能です。

 

こうしてみると、習い事の費用は教室により様々です。ですが、やはり教室を選ぶ際には価格だけでなく、講師との相性教える内容を把握することが重要だと思います。

ですので、始める前には色々と情報収集をし、良さそうな教室がみつかったら、是非、説明会や体験授業に参加してみることをおすすめします。

「子供の才能を伸ばすために、様々なことをやらせてあげたい」と考える方は多いと思います。かといって、色々とやらせすぎるのは問題があるでしょう。費用負担が増えてしまうと、その後の教育費に響いてしまうことにもなりかねません。

将来にかかるはずの教育費を前倒しで使ってしまうというのでは、まさに本末転倒になってしまうでしょう。まずは、今後かかる教育費や生活費を中心にマネープランを立てた上で、できる範囲での選択をすることが大切になるといえるでしょう。

せっかく始めたのに、家庭の経済的な事情で止めさせるようなことは避けたいものです。子供自身が興味を持って長く続けられることを、経済的な余裕をキープしながらやらせてあげましょう。