Skip to content

子供の習い事を土日のみやらせることは可能?

子供の習い事には、子供が幼い場合や親も一緒に参加するタイプのものだと、親の都合も考慮しなくてはいけません。そこで大切になってくるのが、親の負担を増やさない工夫です。

ここでは、比較的時間に余裕があると考えられる土日を利用する方法や習い事を選ぶ際のポイントについて紹介します。

 

土日の習い事を選ぶメリットとは

平日に比べ、時間に余裕のある土日に習い事をさせることは、子供と親の双方にメリットがあります。子供にとっては、平日より長めの時間を費やすことができるので、じっくりとレッスンに集中できるといったメリットが挙げられます。また、親にとっては、やはり時間的な余裕という面でのメリットが大きいと言えます。

平日の習い事であれば、学校が終わった後の夕方から夜の時間を利用することになるので、レッスン時間がそれほど長くなることはないかもしれません。けれど、次の日には学校がありますし、夕食や入浴、宿題と、時間はいくらあっても足りません。

過密スケジュールの中で子供のことを優先し、自分達のことは後回しにする親側の負担は増える一方と言えます。けれど、土日であれば、日中にレッスンという場合も多く、前後のスケジュールが立て込むことも少なくなるので、余裕を持って取り組める筈です。

また、仕事が休みであれば平日よりも時間に余裕ができるでしょうから、送迎などがあってもバタバタしなくて済むというところも、親にとってはメリットと言えます。

 

土日の習い事を選ぶ時に気を付けたい注意点とは

平日に比べ、土日に仕事が休みとなる親が多いことから、土日の習い事は人気があります。そのため、すぐに一杯になってしまうといったことも珍しくありません。希望のものがある場合には、空きが出たり、募集時期を予め確認しておいたりと、日頃からチェックしておくことが大切になります。

また、土日のみということであっても、変則的にレッスンが平日に追加される場合もあるかもしれません。尚、レッスンそのものは土日しかないものの、準備などで平日にも通う必要があるといった場合も考えられますので、しっかりと確認してから選ぶことが大切になります。

また、子供のために親が準備をすることが必要だったり、一緒に参加することが求められるといったこともあるかもしれません。通い出してから、こんな筈ではなかったとならない様、選ぶ段階でしっかりと吟味することが大切です。

 

子供の興味と親の負担のバランスがポイント

一口に習い事と言ってもたくさんの種類のものがあるので、何を習わせようかと頭を悩ませる親は多いものです。子供が自分からこれを習いたいと意思表示してくれる場合には、すぐに決まるかもしれませんが、何に興味があるのか、自分のことを分かっている子供はそう多くありません。

特に年齢が幼い内は、本人がやりたいと思って始めても、長続きせず、途中で投げ出してしまうといったこともあるものです。ある程度、子供の性格や興味の方向性が分かっているなら、親がアドバイスをしてあげることも大切です。

けれど、よく分からない場合には、難しく考えずに色々なことを試してみるといったことも有効です。最初は何とも思わなくても、続けている内に興味を持つということもありますから、子供が何に興味をもっているのか、見守ることも大切と言えます。

また、興味があったり、好きなものであっても、教え方や進め方が合わないと、面白くなくなってしまい、通わなくなるといったこともあるので注意が必要です。誰に習うかといった部分はもちろん、一緒に習うメンバーなど、複数の人が絡むほど、小さな原因で合わなくなる場合も多いものです。習い始める前に確認することも大切ですが、通い出した後も、子供の様子などをチェックすることは欠かせません。

また、習い事を選ぶ際、注意しておきたいのが親の負担といった点です。どうしても習い事に通うのは子供本人となるので、親の負担や事情は後回しにされがちです。しかし、金銭的にも体力的にも、負担がのしかかって来るのは親になります。子供の送迎が必要な場合や、親が積極的に関与することが求められることもあるかもしれません。

短期間だけなら、ある程度は耐えることができるかもしれませんが、長期になってくると、我慢だけで乗り越えるのは至難の業と言えます。特に、子供が習い事を気に入っている場合には、親は引くに引けないといったことになりかねません。そういったことにならない様、しっかりと親側の負担も考えた上で子供と一緒に決めることが大切と言えます。

 

習い事を選ぶ際は、子供の好きなもの、興味のあるものを見つけることが大切です。けれど、そこには、親の負担が付き物だということを忘れてはいけません。

短期間だけなら多少の無理も可能でしょうが、長期に渡って継続する場合、負担がのしかかってくるのは、通うことになる子供だけではなく、むしろ親の方が多いと言えます。土日を利用したり、事前にどういった形でレッスンが進められ、親の負担はどれほどになるのかといった部分を、しっかりと確認しておくことが大切です。