Skip to content

子供に人気があるピアノの習い事を始めるメリットとデメリットは?

ピアノは子供の習い事として非常に人気があるものですが、これを習うことで多くのメリットがあると同時に注意した方が良いデメリットもあります。

ここではその両方について取り上げることで、子供に習わせようと思っている人にとってプラスになれば良いと考えています。

 

子供が習う場合のメリットについて

子供の習い事には色々なものがあり、それぞれが上手になって楽しいというだけでなく、マナーや礼儀を習えたり協調性を伸ばせるなどのメリットもあります。そして多くの子供が習い始めるピアノの場合の利点として特に挙げられるのは、自立心や集中力を鍛えることができるということです。

ピアノのレッスンで、子供は学校でのクラスメイトなどとは異なる他者と接することによって人としてより成長することが可能になってきます。そのような成長の中で子供は自信がつくようになり、それによって子供の時期でも自立心が向上して自分を自由に表現できるようになります。

さらにこのように自立心ができてくると、よりたくましくなって次のステップに行きやすくなるという利点も存在します。集中力に関しては、ピアノの場合は反復練習をすることでこの種の力を伸ばすことが可能になり、さらに指や足などをしっかり使うことによって器用になりやすいと言えます。

また、全ての音楽の基礎とも言えるものなので、これを子供のときに習うことでその後に他の楽器などを習いやすくなるとも考えられます。なお楽譜を読んで指を使うようにするため、これをしっかり習えば頭が良くなり学校での授業や大人になってからの生活にも役立つことになりやすいはずです。

その他のメリットとして演奏会はもちろんですが合唱コンクールなどの色々なタイプの会に参加しやすくなるという点も挙げられます。そしてピアノは子供から大人に至るまで使いやすいものなので、その点でも子供のときに習うと成長した後にもプラスになるでしょう。

 

子供が習う場合のデメリットについて

子供がピアノを習う際のデメリットとして注意したいのは、その子供に合っていないところで習うと成長にとってマイナスになるという点です。特に教師の教え方が十分でなかったり相性が良くない場合にはメリットの多いピアノの良さを感じられず、成長した後も関わらなくなりやすいので注意した方が良いでしょう。

また、そのようなところでレッスンを経験すると、他の楽器を習うことも避けるようになる可能性もあり、音楽を通しての利点自体を受けにくくなる可能性が出てきます。さらにピアノの演奏だけに時間をかけ過ぎた場合は、受験勉強や他の習い事にかかる時間が足りなくしてしまうデメリットも考えられます。

なお自分で子供にピアノを教えたい親達もいるはずですが、子供の成長に本当にプラスにならないこともあるので、良く考えて適切な教室を探すようにすると良いでしょう。

 

子供がピアノを習う教室の選び方について

子供がピアノを習うと期待できることがたくさんあるので、希望する人達は多く、子供に教える教室にも色々なものがありますが、選び方には注意が必要です。この際に特に良くチェックしたいのは、その教室ではどのような形で子供達にピアノを教えているかということと先生がどんな人であるかということです。

先生に関しては教え方が適切子供に合った指導や関わり方ができる人を選ぶようにすることが大切であり、そんな先生なら子供は人間関係の面でも成長しやすいでしょう。また、ピアノの教室では料金が高い場合もあるので、適切な費用と思えるところをしっかりと選んで長く通いやすいところに行けるようにすることも大切です。

そして実際に通う場合には事前に無料でレッスンを受けられる教室も多いので、そのような体験をしてみて子供が行きたいと思えるところを選ぶことをおすすめします。

 

ピアノを習う子供はたくさんいますが、それだけに教室を選ぶ場合にはそのメリットやデメリットを良く考えて子供に適したところを選ぶようにすることが大切です。そしてこのような教室を選ぶ場合には、適切な指導をしてくれる教師がいて費用としても子供を通わせやすいところを探すことをおすすめします。

なお実際に子供が習う場合には、できれば事前に無料のレッスンを体験してその子が良いと思うような教室を選ぶことも大事と言えるでしょう。