Skip to content

子供の習い事でプログラミングを学ぶことができる?メリットとデメリット

プログラミングは、子供の習い事として人気が高いと言われていますが、多くの人にとってはあまり馴染みのない分野なので、よく分からない部分も多いでしょう。

ここでは、そのメリットとデメリットについて紹介します。

 

小学校での必修化に対応できるというメリット

プログラミングというと、とても専門的な分野のように思えるかもしれませんが、実は、小学校では2020年度から必修化されることになっているのです。その目的は、この学習を通して物事を整理したり、論理的に考えることができる力を身に付けるためとされています。

学習の方法については、独立した教科が新たに設けられるというわけではなく、算数や理科といった既存の教科とセットにして学習を行われることになっています。ですので、教科書やテストがあるということではありませんし、学習を行う学年や教科、時間についても学校ごとに決定されるのです。

このように、本格的な教科として行われるわけではないのですが、多くの子供にとっては初めて習うことですし、パソコンなどの扱い方に戸惑うこともあるでしょう。ですがプログラミングの教室であらかじめ慣れておけば、学校の授業をスムーズに、そして楽しく受けることができるようになります。

 

コミュニケーション能力や自主性が育まれるメリット

プログラミング教室に通うメリットとしては他にも、コミュニケーション能力を高めることができるということが挙げられます。この教室では多くの場合、子供の興味や目的意識を引き出すために、必要最低限の指示しか出さないという特徴があります。

ですので学習の中では、分からないことがあれば子供の方から質問をさせるようなカリキュラムが組まれているのです。そして子供同士でも、作品を評価し合ったり、教え合ったりしてコミュニケーションを取ることを促しています。そのため、こうしたコミュニケーション能力は、教室の中だけでなく、学校や家庭でも発揮されることでしょう。

次に挙げられるメリットは、誰かに言われてやるのではなく、子供が自主的に学ぶようになるということです。子供というのは、興味を持ったものであれば自分から行動するようになりますし、プログラミング教室にはゲームやロボットなど子供が興味を引くようなカリキュラムがあります。そして、特にゲームが好きならゲームの作り方を学習できる教室に通わせるといったことを行えば、子供は驚くほど熱心に学ぼうとするでしょう。

無理やり勉強をさせられるとやる気を失う子供が多いですが、こうした教室であれば、遊びの延長で学習することができるのです。また、プログラミング教室に通う子供の中には、自分から進んでプレゼンをすることもありますし、こうした自主性や積極性は社会に出てからも役に立つものだと言えるでしょう。

 

熱中し過ぎるといったデメリットもある

デメリットとしてまず挙げられるのは、自宅でパソコンなどを使用する時間が長くなってしまうということです。プログラミングが性に合っている子供ほど、熱中しやすくなるため、どこまでやらせればいいのか判断に迷ってしまう場合があると言えます。

何かに熱中することは決して悪いことではないのですが、やり過ぎると体に負担がかかってしまいますし、特にパソコンの場合は目に負担がかかります。ですので、パソコンを使うのは1日何時間までといったように各家庭で決まりを作っておいたり、適度に休憩を入れるように促すことも必要になるでしょう。

次に挙げられるデメリットは、スキルを十分に身に付けることなく遊びのレベルで終わってしまう場合もあるということです。教室の授業というのは、週1回や月2回といった頻度で行われることが多いですし、学習の内容や深さも教室によってまちまちです。

そして教材が、教室内だけで使用できるレンタルだった場合は、家庭で学習を続けることはできません。ですので、通う教室の学習内容や、家庭の事情によっては、あまりスキルを深めることができない場合があるのです。そのため、教室を選ぶ際は、どこまで深く学ばせるかということを考えた上で選ぶことも大切だと言えるでしょう。

さらに挙げられるデメリットは、子供が興味を持てないと学習に身が入らなくなってしまうということです。小学校で必修化されるからといって無理に通わせようとしても、子供が興味を持っていないのであれば学習が苦痛になってしまいます。ですので、正式に入会を申し込む前に、体験教室などを利用して、実際に子供が興味を持てそうかどうかということを確認しておくことが重要でしょう。

また、教室のカリキュラムにもゲームやロボットなどさまざまな種類があるため、子供がより興味を持てるカリキュラムがどれなのかを見極めることも必要です。

 

子供をプログラミング教室に通わせるメリットとしては、小学校での必修化に対応できるということがまず挙げられます。そして、教室ではコミュニケーションを取る必要が出てくることが多いためその能力が高められることや、興味のあることを学ぶことで自主性が育まれることもメリットです。

一方のデメリットとしては、自宅でパソコンを使用する時間が長くなってしまうことや、スキルが十分身に付かない場合があること、そして興味が持てないと学習に身が入らないことが挙げられます。