Skip to content

どのような目的で子供に習い事をやらせるかしっかり考えてから習い事を選ぼう

子供の事を考えて、幼いころからいろいろな習い事をさせている家庭が多くなっています。子供の性格や、得意不得意などをよく考えて、習い事を選択することが重要です。

たくさんのお稽古事をやらせてしまうと、全てが中途半端になってしまし、目的の効果が得られないということもあります。

 

運動系をさせれば体力と忍耐力が身に付く

習い事にはいろいろな種類がありますが、運動系のお稽古とは人気が高くなっています。主な運動系の習い事としては、野球やサッカー、バスケットボールなどの球技や、空手や少林寺拳法、合気道や柔道などの武道などがあります。また、スイミングスクールやダンススクールなども人気が高くなっています。

どの運動系の習い事でも、子供を通わせることで、体力を付けさせることができるという利点があります。体力が高まることで、免疫力も高くなり、風邪やインフルエンザなどにもかかりにくくなるでしょう。また、体力を使った運動をさせることで、子供に忍耐力をつけさせることも期待できます。厳しい先生から習うことで、我慢することや辛いことに耐えるメンタルなど得ることができるでしょう。

サッカーや野球などのチームプレイをするスポーツでは、仲間と一緒に勝利を目指して頑張っていくことで、チームワークの大切さや強調性を学んでいくことができます。武道では、礼儀作法等を身に着けながら運動をすることができるというメリットがあります。自分の子供にどのような能力を身に着けてもらいたいかを明確にして運動系の習い事を選ぶと良いでしょう。

まずは少しだけ体験させてみて、子供が楽しく通うことができるかどうかを見極めることも必要です。忍耐が必要なスポーツ系のスクールに子供を通わせる場合、辛い時でも楽しく続けることができるように、年齢が近い子供たちがいっぱいいて和気あいあいと楽しく学べるところを選ぶと良いでしょう。

 

文化系の習い事を通じて学べることもある

子供が通うことができるお稽古のスクールの多くは運動系が多いですが、お習字やピアノレッスンなどの文化系の習い事などもあります。毎日、運動系の習い事だけをしていると子供の体力が続かないことも考えられるので、文化系の習い事もさせるのも良いでしょう。

お習字では、字を綺麗に書くことができるようになるだけではなく、字を書く時の正しい姿勢を子供に身につけさせることができます。また、学校でも毛筆を使う機会が少なくなってきているので、お習字で筆を使うことが貴重な経験となるでしょう。

ピアノやバイオリンなどの音楽レッスンでは、集中力と音楽的なセンス、手先の器用さを身に着けていくことができます。音楽レッスンの場合には、子供が小さければ小さいほど上達も早くなるので、子供に音楽をやらせたいと考えている人は早い段階から始めることが必要です。

ピアノレッスンやバイオリンレッスンなどは、レッスン料金も高いことが多く、楽器を準備するのにも大きな費用が掛かってしまうので、目的を明確にしてから習わせた方が良いでしょう。

 

学習塾で学校の授業の遅れを補える

子供が通うスクールの中には、学習塾や算盤などの勉強系のものなどもあります。学校以外の場所で勉強することになるので、子供は嫌がることが多いですが、学校の授業で遅れてしまった時などには、学習塾に通わせると良いでしょう。

また、将来は私立の中学を受験することを考えているという場合も、学校の勉強だけでは学習が間に合わないので塾に通わせることが必要です。小さい子供の場合には公文などに通わせる人が多くなっており、自宅学習が苦手な子供などは通わせるとしっかりと勉強をさせてくれます。

学習塾や公文などは、お友達と一緒に通って勉強することができれば、楽しく通うことができるので、友人などを探して声をかけてみると良いでしょう。子供にやる気がないと学習効果が低くなってしまうので、明確に目的をもって通わせることが重要となります。

 

子供に大きな期待をしている親御さんはたくさんの習い事を子供にさせたいと考えていることが多いですが、お稽古には費用もかなり掛かってしまうので、目的を明確にして習わせるものを厳選することが重要となります。

たくさんのお稽古を子供にさせてしまうと、子供が遊ぶ時間も少なくなってしまい、ストレスを感じてしまうようになります。楽しみながらお稽古をしながら、目的にそった形で子供が成長していくことができるものを選ぶと良いです。

運動系のスクールに通う場合も、複数の競技をやらせるのではなく、子供に身につけてもらいたいスキルをしっかりと考えて競技を絞ったほうが良いでしょう。幼い子供ではなく、小学生の子供でれば、本人と話をしながらお稽古事を決めるもの良いといえます。