Skip to content

子供が習い事を辞める際に菓子折りは必要?

子どもが今まで続けていた習い事を辞めることになったとき、多少の気まずさを感じるものですよね。

お世話になった先生に、失礼のないように辞めることを伝えるには、どうしたらいいのか悩んでしまうこともあります。

また、先生に菓子折りなどのお礼をするべきなのかも悩みどころなのではないでしょうか。

 

先生に辞めることを伝えるタイミングは?

まず、辞めることを伝えるタイミングです。習い事が辞めることが決まり次第、できるだけ早く先生に伝えることが大事です。辞めるギリギリになってしまうと、お互いに良いことがありません。伝えるのが遅くなればなるほど余計に言いづらくなってしまいます。教室側としても、スケジュールの変更や、事務手続き、新しい生徒の募集など、さまざまな準備をしなければなりません。

また、教室の規約で、やめる場合の手続きのタイミングが定められている場合があります。入会時の案内やパンフレット、ホームページに載っていないか確認してみましょう。定められている場合は期日をしっかりと確認し、規約に従って辞める手続きを進めていきます。

定められていない場合は、目安として退会する日の1ヶ月前には伝えましょう。大規模なスクールなどは、退会する日の1ヶ月前が期日となっているところも多いようです。

「今日で辞めます」というように、突然伝えるのはマナー違反になります。言い出しづらい、気まずくなったらどうしよう、などと考えて伝えるのが遅くなると、逆に迷惑をかけることになりますので気をつけましょう。

 

辞める理由はどう伝えればいい?

辞める理由は人それぞれです。 金銭的な事情、違う習い事を始める、子供と相性が合わなかった、教室の場所が遠いなど、おおまかにはこのような意見が多いですが、細かく言い出すと数え切れないほどあります。

辞める理由を正直に伝えるか、誤魔化して伝えるか悩むお母さん、お父さんも多いと思います。もちろん、辞める理由を正直に伝えたい場合は、それが一番です。特に、子供も仲が良く、信頼関係が築けている先生にはよりいっそう誤魔化すよりも正直に話したほうが、気持ちよく辞めることができます。

しかし、辞める理由が「先生のやり方と合わない」「他の先生に教えてもらいたい」などの場合、正直に言うことが得策とはいえません。そういった場合のために、無難に辞める理由を紹介します。

「急で申し訳ありませんが、諸事情があり習い事を続けることが難しくなりました。今月いっぱいで退会します。今まで本当にありがとうございました。」

変に嘘や言い訳をしたりせず、簡潔にまとめて伝えることが重要です。下手に嘘をついたりすると、細かく聞かれたり、質問されたりして大変なことになりかねません。

 

お礼は必要?どんなものを用意すればいい?

辞めることを伝えるタイミングや理由の他には、辞めるときに、先生にお礼を用意するべきなのかを悩む方も多いのではないでしょうか。お礼を用意するかは価値観の違いで、さまざまな意見があります。

一般的には渡す人のほうが多いようです。ただ、絶対に渡さなければならないものではありません。やはり、先生の人柄や、先生との関係性によるところがあります。子供だけではなくお母さん、お父さんとも仲が良かったり、長い間お世話になった先生には、今までの感謝の気持ちとしてお礼を渡すほうが多いと思います。今までの感謝を綴ったメッセージを添えるのもいいかもしれません。

反対に、通っていた期間が短い場合や、たくさんいる生徒の中の1人、と言った関係なら、「今までありがとうございました。お世話になりました。」と挨拶だけでも十分です。言ってみれば、個人の自由ということです。関係性を踏まえた上で、気持ち次第といえます。子どもと先生にお礼を渡したいか話し合ってみてもいいかもしれません。

また、生徒から個人的なものを受け取ることを禁止としている教室もあるので、用意する前に確認してみたほうがいいですね。お礼を渡す場合、もっとも一般的なのは菓子折りです。先生の好きなもの、苦手なものを確認しておくと喜ばれるかと思います。

さまざまなお菓子がありますが、ロールケーキやシュークリームなどの生ものではなく、クッキーや、おせんべいなどの、日持ちするものを選びましょう。予算としては、3.000〜5.000円のものを選ぶ人が多いようです。安価なものから数万円単位のものまで幅広くありますが、あまりに安いものだと失礼ですし、高価なものは、気を遣わせてしまいます。

お礼を渡す時期としては、先生と最後に会うときがベストタイミングなので、最後の習い事がある日の帰る前が最適だといえます。

 

上記が、子どもが習い事をやめる際の伝え方、お礼の仕方になります。大切なのは、やめることが決定したら早めに伝えること、菓子折りの有無に関わらず感謝の気持ちをきちんと伝えることです。

子どもが楽しく通っていた習い事を、気まずい思い出にしないためにも、しっかりと感謝の気持ちを言葉で伝え、気持ちの良く去りたいですね。最後まで気遣いを忘れず、辞めた後に先生と街で会っても笑顔で挨拶できるような辞め方をしましょう。