Skip to content

子供が習い事を嫌がる時は?

子供が習い事を嫌がる主な原因は、原因が子供にあるのでは無く、親の子供への接し方が学習意欲に影響を与えている場合もあります。

親の意識改革と子供への接し方に変化を起こせば、勉強に対する学習意欲を高めて行く事が出来るでしょう。

 

人の心には、快感原則と呼ばれる基本的な法則がある

心理学者だったジークムント・フロイトは、人の心には基本的な法則として、快感原則と呼ばれる法則があると提言をしました。

快感原則とは、人は快感を求める生き物である法則です。

例えば、食事をするにしても、用を足すにしても、そこには快感が隠されているでしょう。

習い事が嫌がる子供の多くは、学習する事に快感を見出す事が出来ないためです。

本来子供は、本能的に成長したい欲求があり、誰しもが様々な内容を学びたい気持ちがあります。

子育てにおいて、知らず知らずに親がその思いを損ねさせている場合もあるのです。

例えば、学習内容に対して褒める様子も無く、上から目線で叱る事しか行わなければ子供は快感を得る事はできません。

学習に対する快感を求める気持ちは、薄くなり不愉快な思いを想起しやすくなるはずです。

そのため、学習に限らず子供に調べ物をさせ、調べた内容に褒めてあげれば子供は快感を覚えるでしょう。

子供は、知る喜びと成長できる満足感を感じる中、強い快感が強い学習意欲を生み出してくれます。

人は目的が達成すれば、達成をした満足感における快感を感じられる場合もあるはずです。

学習に対して、意欲が湧いてこない背景には、目的が見えてこない場合もあります。

親の中には、学習内容が社会で役立つ内容として子供に言い聞かせる場合もあるでしょう。

それは、親の目的であり、子供の目的ではありませんので、子供からすれば大人になるまで達成感を感じず、それまで快感を得る事ができないはずです。

この場合は、憧れの大人を聞き出し、その大人に近づける様な言葉を投げかけるのもポイントでしょう。

一歩一歩近づく姿は、日々、目的に近づける満足感を得やすく、学習に良い影響を与えてくれます。

 

子供は、動きのある要素に興奮を覚えやすい

子供の中で人気がある物と言えば、ビデオゲームが挙げられるのではないでしょうか。

親の中には、ゲームに集中するぐらい勉強にも集中してくれたらと思われている人もいるはずです。

ビデオゲームには、心理的な要素として人を惹きつける要素を含んでいます。

その要素の一つは動く要素です。

人の心理は、静止している内容よりも動きのある内容に意識が高まりやすく興奮を感じやすい場合もあります。

動く要素は、自分に危害を与える可能性もあり、いつでも反応ができる様に無意識の中で軽い興奮状態を引き起こす場合もあるのです。

習い事が嫌いな背景には、子供にとって興奮できる要素が無いと思い込んでいる場合もあるでしょう。

この様な子供には、サッカーや空手など、リアルに自分の体を通して動かす体験をさせると、ゲームよりも楽しく感じる場合もあるのです。

体を動かす内容は、教室に足を運ばないと見られない内容とは限りません。

インターネット上の動画には、学びたくなる衝動を感じられる様な、動画なども配信されているでしょう。

知識としての塾などに抵抗感を感じる子供は、一度、体を使った内容から始めてみるのもポイントです。

体を使っての成長できる満足感は、次に知識を求める成長意欲へと高まりやすくなります。

親の家庭内の中には、子供との話題も少なく、活動的で無い場合もあるかもしれません。

子供は、親を通して大人の社会を感じ取っています。

暗い印象は、社会に対する憧れも失い、ビデオゲームばかりに意識が高まりやすくなるはずです。

そのため、親の振る舞いとしては、家庭内で明るく、元気よく振る舞うのも挙げられます。

 

学ぶ価値を感じる価値は、大人と同じ気持ちがある

人の心理の中には意識されたい思いがあります。

意識されない内容とは、孤独を感じやすく、孤独から不安を感じやすくなる場合もあるはずです。

教室などに通われるのに抵抗感を感じる子供の中には、孤独に対して不安を感じている場合もあります。

親の姿が社交的で無く、子供自身も他人とコミュニケーション不足の中では、不安を強く感じやすくなるでしょう。

潜在的に子供は、親から認めてもらいたい、大切にされたい気持ちを抱いているものです。

親が全く知識として持ち合わせていない内容は、親が関心を示さない可能性もあるのではないでしょうか。

そのため、全てでは無くても、多少ななりとも知識を持ち合わせるのも大切です。

子供が実際に教室に通われた場合、家庭内でも、教わった内容を話題として話し合える環境も現れるでしょう。

子供にとっては、潜在的に復習に繋がり、学習内容に価値が高まる場合もあります。

社会の中では、貴重な才能のある人材を大切に重宝する姿もあるはずです。

貴重な人材は、孤独とは逆に、人々の暖かさで包まれる場合もあるでしょう。

その様な社会背景を子供に語れば、特別な人間を目指し学習意欲も高まります。

 

子供が学ぶ意欲が低いのは、学ぶ内容に対して快感を感じる事ができないためです。

その主な原因は、親が子供への接し方に対して快感を得られない背景も隠されています。

学ぶ内容に対して、快感を得られるポイントを押さえ子供の学習意欲を高めていかなければなりません。