Skip to content

習い事の相場ってどのくらい?

「子供が小学生になったら何か習わせたい」「女の子だから楽器を習ってほしい」など、親としては子供に何らかの特技を身に付けてほしいと願うものです。

しかし、月謝の相場を調べずに、考えなしにたくさんの習い事をさせると、教育費が膨らんで家計を圧迫することもしばしばあります。

一度始めると子供が嫌というまで止められなかったり、「お友達がしているから」とあらゆることに手を出してしまうこともあります。

何を習わせたら子供の能力を伸ばせるかをよく考えて、家計と相談しながら、教育費破産しないようにすることが大切です。

 

人気の楽器系は楽器購入費を想定して

教室の月謝は、それぞれの教室で差があるため一概には言えませんが、楽器系の教室だと五千円から八千円程度が多いようです。

大手のピアノ教室であれば割高だったり、個人で教えている教室であれば、比較的、割安だったりと教室によって幅があります。

楽器系の教室では一対一で指導することがほとんどなので、30分から45分程度の個人指導を行うところが多いのも特徴です。

また、ピアノやエレクトーンのように、全国どこでもある教室は月謝がお手頃ですが、バイオリンや管楽器など、なかなか講師がいない珍しい楽器だと月謝が高くなり、一万円近くかかる場合もあります。

また、楽器を習う際は、その楽器を購入するかレンタルし、自宅で練習することが求められます。

そのため、月謝のほかに楽器購入費がかかるので、初期費用が相当高くなると言っても過言ではありません。

楽器にもよりますが、購入時に数十万円以上かかることを想定して始めることが大切です。

 

運動系では遠征費などの出費も考慮しておく

勉強系や運動系の習い事の月謝も教室によって差がありますが、英会話教室やスイミングなどは集団で授業を行うので、学習塾と比べると割安なのが特徴です。

例えば、幼児向けのリトミックを取り入れた英語教室は、月謝が三千円から五千円程度が多く、一回につき千円程度と見てよさそうです。

小学生や中学生の英語教室も五千円程度が一般的ですが、最近は小学生から英語教育に力を入れている学校が多いため、授業内容が濃くなり、月謝が高くなっている傾向もあります。

スイミングや体操教室などの運動系は、個人で申し込んだ場合の月謝が五千円から八千円程度かかることが多いようです。

しかし、保育園や学童などで集団申し込みをする場合は割引制度が適応され、一割程度安くなることがよくあります。

通っているところで集団申し込みを行っている場合は、それらを利用して上手に活用すると、お得に習うことができます。

また、集団申し込みの場合は送迎バスで教室まで連れて行ってくれるため、保護者の送り迎えの手間も省けて大変便利です。

その他のスポーツとしては、テニスやバレエなどがありますが、これらの月謝は少し高めと言えます。

特に、強化選手に指定された場合は、将来を期待されている分、個別に指導してもらえるので、追加でお金がかかることもあります。

また、発表会や遠征費など、その都度イベントでお金が発生することもあるため、月謝以外の出費を想定しておく必要があります。

 

パソコンを使った最先端の教室が人気

最近、注目されているプログラミング教室は、まだ教室自体が少ないことから月謝が少し割高な印象があります。

教室にもよりますが、一回の授業料が三千円から五千円程度で、月に数回しか教室が実施されないところもあります。

これは、パソコンの数が限られていたり個別に指導するという、プログラミング教室ならではの特性によるところが大きいと言えます。

また、小学生の場合は、パソコンの基本操作から教える必要があり、講師が横について付きっきりで指導するため一回の授業料が高くなるとも言えます。

しかし、これからプログラミング教室は全国に広がっていくと予想されるため、月謝が割安になって通いやすくなることが予想されます。

最近では、プログラミングを習うのに便利なソフトもたくさん開発されているため、授業が行いやすく、教室が反映するとも予想されます。

その他の珍しい習い事としては、これから主流になってくるeスポーツ教室や、昔の暮らしを体験できる自然塾といったものが挙げられます。

これらはまだ教室として確立しているものではないので月謝が定かではありませんが、一般的には五千円から一万円程度が家計を圧迫せずに支払える金額だと言えます。

また、昔からよくある習字、地元の野球やサッカーチームの教室など、数えだしたらキリがありませんが、どれも月謝が五千程度と考えてよいでしょう。

子供が興味を示すと親としては「何でも習わせたい」と考えてしまいがちですが、使える時間とお金には限りがあるため、よく考えて始めることが大切です。

 

子供に何を習わせたらよいかは、親の悩みの種とも言えますが、家計を圧迫して教育費破産にならないように注意することが大切です。

教室によって月謝や授業料に差がありますが、一般的なもので月謝が五千円から一万円程度の教室が多く、初期費用や遠征費など月謝とは別に支払うお金があることを知っておく必要があります。

一度始めると止めることが難しいため、親子や夫婦で話し合って、後悔のない教室を選んでください。