Skip to content

人気があるスポーツの習い事とは?

継続は力なりという言葉がありますが、最も確実な上達方法は根気を持って続けることではないでしょうか。

現在活躍中のスポーツ選手も、最初から上手だった訳ではありません。

親御さんが適性を見極めて、サポートすることが大切です。

走ったり跳んだり投げたりすることは、全ての運動の基礎になります。

それらが身に付いていると、どんな競技にも対応することが出来るはずです。

東京オリンピックが二年後に迫っていますし、国民全体で機運を盛り上げて行くべきです。

 

世界を舞台に活躍するアスリートを目指そう

テニスの四大大会と言えば、日本人プレイヤーにとって究極の目標と言えます。

まさか四大大会を制するアスリートが出てくるとは、誰も想像していなかったのではないでしょうか。

メジャーリーグや陸上も同様ですが、近年は世界を舞台に活躍するアスリートが増えています。

彼らの大部分が子どもの頃からスポーツの習い事をやっていて、複数の習い事の中からベストな選択をしています。

通い始めた頃は嫌々であっても、やっていく上で好きになることがあります。

テニスや野球はスクールが多いですし、専門的な知識を持ったコーチから基礎を教わることが出来ます。

中学高校と進学するにあたっては、この基礎こそが役立つと言われています。

とりわけテニスに関しては、ジュニアの頃から世界を意識してプレイすることが大切です。

全天候型のテニスコートを備えるスクールも増えていますし、シャワーやロッカーが完備されているのもメリットではないでしょうか。

スクールによっては送迎のバスが用意されているので、親御さんにとっても安心感があるのではないでしょうか。

テニスの場合は三歳から始める方もいますし、楽しむことから始めると良いのではないでしょうか。

大会で勝つ喜びを覚えると、ますます上達の速度が上がるのではないでしょうか。

エリートプログラムと呼ばれる育成計画を立てているクラブもありますし、プログラムに沿って練習をすることで、一流アスリートになることが出来るはずです。

 

地域に密着したプロサッカーチームに関して

かつては野球人気がナンバーワンでしたが、猛烈な勢いで人気が上がっているのがサッカーです。

日本にプロサッカーリーグが誕生して随分になりますが、理念として掲げられているのが地域密着です。

下部リーグを含めると全国各地にプロチームがありますし、ピラミッド型の組織が確立されています。

小学校低学年からスクールに入ることが出来ますし、ユースチームからプロになる選手も増えています。

中学校や高校の部活と違う点は、元プロ選手による一貫した指導を受けられることです。

そうすることで上達が早まりますし、近くにライバルが居ることで切磋琢磨し合えるのではないでしょうか。

もちろん、多様化している大学入試を考える上でも大きなアドバンテージとなります。

スポーツ推薦や一芸入試を設けている大学は多いですし、それを活用して大学に入ることが出来ます。

特技があると就職にも有利ですし、同僚とのコミュ二ケーションも取り易くなるのではないでしょうか。

地域のサークルに所属することで、生涯続けることが出来るのではないでしょうか。

球技は無論ですが、柔道や剣道を習う子ども達も増えています。

あらゆる選択肢を持っておくことが、立派な大人になる第一歩ではないでしょうか。

ボルダリングやサーフィン等の新しい競技も普及していますし、専用の施設も続々とオープンしています。

子どもの意思を尊重しつつ、最大限のサポート体制を構築することが重要です。

オリンピックに出てメダルを取るのも決して夢ではありませんし、その為の土台作りを進めることが鍵になります。

 

スクールの料金と諸々の雑費に関して

プロサッカーチームのジュニアチームでは、ほとんどのチームで入団セレクションが設けられています。

一定のレベルでないと入団することが出来ませんし、毎月の費用も一万~二万円程度必要になります。

ユニフォームや遠征費用も必要になりますし、親御さんにかかる負担は小さくはありません。

しかし、技術の向上以外にもメリットは多いと言われています。

礼儀やマナーに厳しいのがコーチですし、練習に参加をすることで自然と挨拶が出来るようになるはずです。

また、対戦相手への敬意や環境に対する感謝の気持ちも身に付けることが出来るのではないでしょうか。

勝つことだけを目標にしてしまうと、大切なことを見失ってしまいます。

チームメイトとの協力や仲間を信じる気持ちを育むことが出来ますし、人間として一回りも二回りも成長するきっかけとなるのではないでしょうか。

負けから学ぶこともたくさんあります。

 

身体を動かす習慣を付けておくことで、肥満を防ぐことが出来ます。

運動能力が高くなると危険を裂けることが出来ますし、何をするにも自信が芽生えるのではないでしょうか。

最初から得意な分野が見つかる人は稀ですし、まずはどんな習い事にもチャレンジしてみるべきです。

向き不向きが早めに分かることで、集中して競技に取り組むことが出来るのではないでしょうか。