Skip to content

子供の習い事は何歳から始めるべき?

子育てをしている時に気になる事の一つが、子供の習い事の開始年齢ではないでしょうか。

一体何歳から始めるのが良いのかが分からないという人は少なくありません。

赤ちゃんのうちから始めるのが良いのか、それとも大きくなってからの方が良いのか分からないと言って悩む人は珍しくないのです。

では、実の所、何歳から始めるのが良いのでしょうか。

 

最も開始年齢として多いのが3歳、4歳位から

実際に子供に習い事を始めさせる場合、大体3歳から4歳位が多いと言うのをご存知でしょうか。

ちょうど幼稚園の入園のタイミング位には何か一つは習っていると言う事になります。

小学校に入学するまでに何か習わせたいと言う場合にも、ちょうど良い年齢だと言えます。

またこの年齢で始めるのには大きなメリットも有ります。

例えば、楽器を習わせたい場合、小さいうちからと考える人も決して少なくないのですが、実は年齢制限を設けている場合が有るのをご存知でしょうか。

その理由の一つが、あまりにも小さすぎると楽器を操る事が難しくなってしまうと言うことです。

ある程度の体格や手の大きさとなっていれば良いのですが、あまりにも小さすぎるとまだ楽器を持つ事も出来ないと言うのは決して珍しくありません。

そのため、3歳、4歳位にならないと受け入れないとなっている所が多いのです。

さらに、大体3、4歳位になるとある程度周りの大人が言っている事を理解する事が出来、集団生活を送る事も出来るようになります。

つまり、心の成長から見ても、また体の成長から見てもちょうどそれ位の時期であれば色々な事を慣わしやすい時期だと言えます。

 

赤ちゃんの時から始める事も出来ます

一般的には3歳、4歳位から開始すると言うのが多くはなっていますが、もちろんその内容によってはもっと小さな時から始めたとしても問題は有りません。

例えばスイミングの場合は赤ちゃんからでも始める事は可能です。

親と一緒に練習すると言う事にはなりますが、かなり小さな時から始めても全く問題はないと言って良いでしょう。

また現在人気となっているのが、英会話等の耳を使った物です。

赤ちゃんはまだ成長の真っただ中で、耳の機能も大人の様に完成しているわけではありません。

そのため、その時期に英語に触れさせておく事によって、大きくなってからでも英語を聞き分ける能力が身に付くと言う訳です。

また、英会話だけでなくリトミック等も同様に人気があります。

ただこの時期はまだ自分で何かを決めると言う事が出来るわけではありません。また意思疎通が難しいので、親が主体となって何かを始めると言うスタイルになります。

 

大人との意志の疎通がかなりできて楽なのは、5、6歳

赤ちゃんの頃は感覚に訴えかけるタイプの物を選ぶ事は良いとされています。

また3、4歳のころは色々と学ぶ事は出来るようになりますが、まだ長時間行うと言うのは難しく、なかなか色々なタイプの物を選ぶ事が出来ません。

その点、5歳、6歳位になると体もかなり発達し、心も成長しています

だからただ単に音楽をなると言うだけでなく、習字や珠算、算数等の勉強にも繋がる内容にチャレンジしやすくなります。

また運動系の場合も体が出来てくる時期なので、4歳よりも小さい時に始めた場合に比べるとはるかに動きも本格的になって行きます。

ただ、5歳、6歳となると子供もかなり自我が芽生えている時期なので、赤ちゃんの時の様に親が一方的に始めさせると言う事は難しく、練習を継続させる事も大変かもしれません。

この場合に重要なのは、押し付けるのではなく、子供の意見を聞くようにすると言うことです。

子供が何をしたいのか、どういう事を感じているのか等に耳を傾ける事で、何も意識せずに初めてしまった時よりも継続しやすくなります。

また、この時期になると色々な事を短期間で習得することも出来るようになります。

だから、早期に始める方が良いと言われる事も少なくありませんが、もう少し成長したこの時期に始める方が短期間で効果を感じやすいと言われる事も多々あります。

 

お稽古事をいつから始めるかと言うのは、その子の成長の度合によっても変わってきます。

また何を習わせたいのか、親はどれ位関わる事が出来るのかと言うことでも変わってくる為、一概にはどの年齢の方が良いと言う事は出来ません。

だから、一般的には3歳から4歳位の年齢に始める子供が多いのですが、それよりも前に始める子も珍しくないのです。

勿論小学校入学してから何かを始めると言うお子さんもいます。

したがって、一体いつから始めるかと言うのはその子の成長の度合を見てから判断すると言う事も出来ます。

また小さなうちは、まだ予防接種をしていない事も少なくありません。

したがって、病気等の点が気になると言うのであれば、できれば予防接種を一通り終わらせてから始める方が無難です。

その方が既に抗体がある状態となっているので、集団で活動したとしても感染してしまう可能性を低くする事が出来るからです。

つまり、何歳からと言うのはその場合によっても違うのです。

ただ共通して言えるのは、せっかく習うならやはりその子自身が楽しめるかどうかという事も念頭に置くべきだと言うことでしょう。

技術や知識を身に着けるだけでなく、子供時代にどれだけ楽しい経験をしたか、成功体験をしたかと言うのはその子の将来の人格形成にも大きな影響を及ぼすからです。