Skip to content

水泳を習うメリット・デメリット

子供の習い事といえばよく耳にするのは水泳です。

メジャーな習い事のひとつですが、様々なメリット・デメリットがあります。

親側がメリットデメリットを把握して、自分の子供に必要かどうか見極めて習うかどうかを決めましょう。

 

体力の向上に役に立つというメリットがあります

メリットとして一番にあげることができるのは体力の向上です。

持久力が試されるスポーツですので習い事を続けていくうちにどんどん体力がついていきます。

水の中で泳ぐのは、ひざなどに負担をかけることがないのも良い点といえるでしょう。

子供が運動不足で少し体重が気になるといったときにもお勧めで、消費カロリーが大きいので運動不足解消や体重コントロールにもうってつけです。

その他には、肺などの呼吸器系も鍛えられますので喘息が改善するといった効果もあります。

湿度が高い環境での運動ですので気管へのダメージを少なくすることができます。

また、基本的に室内プールで行いますので季節や気候にとらわれることなく運動することができるというメリットもあります。

特に冬などは外で運動する機会が減ることがありますので運動不足の解消にもよいでしょう。

ただしデメリットとしては体力がつき過ぎてしまうということもあります。

夜によく寝てくれるようにと習わせ始めたものの体力がつきすぎてしまって以前よりも活発になってしまったなんていう話も耳にします。

体力がつきすぎてしまうとお世話をする大人は大変かもしれません。

しかし、体力は運動というシーンだけでなく勉強するときにもいきてきますので小さいころから体力をつけることは将来の役に立ちます。

 

他のスポーツよりも親の負担が少ない

もうひとつのメリットとしては親の負担が少ないことがあげられます。

まず、そろえる道具が水着や帽子などそこまで数が多くなく価格も他のスポーツに比べるとお安めです。

基本室内で行うスポーツですので、親が野外で付き添ったりする必要もなくエアコンの効いた室内で見学することができます。

また、親だけでなく子供も室内プールで過ごしますので熱中症などを心配する必要がありませんし、接触するような競技ではないので大きな怪我の心配も少なくて済みます。

自分の子供が怪我をすることだけでなく、相手に怪我をさせてしまうという心配も少ないことも安心して続けやすい要素といえます。

教室によっては送迎バスもありますので送り迎えの負担もありません。

野外で行うスポーツと違って泥汚れなどもありませんので洗濯が楽なこともメリットのひとつです。

そのほかには、お茶当番を行ったりといった親同士のお付き合いの面もありませんので気楽に続けられることができます。

 

団体スポーツではないので協調性を伸ばすのが難しい

個人競技のスポーツですので、集団でプレーするスポーツと違って仲間とのやり取りがあまりありません。

協調性を伸ばしたいという目的で始めるには向いていないというデメリットがあります。

しかし、逆にいうと自分との戦いになるスポーツですので集中力をつけたいという目的にはマッチしています。

また、わかりやすく目標設定できるので向上心を磨くことができるというのも大きなポイントです。

最初はビート板でバタ足で泳げるようになったら、次はクロールで25メートル泳げるようになったらという感じでステップアップしていくので成功体験を徐々に積ませてあげることができます。

ひとつひとつ目標をクリアしていくことで、子供に達成感と努力してがんばる楽しさというものを学んでもらえるというのも大きなメリットです。

教室にもよりますが上のコースに進むにしたがって水泳キャップの色が変わっていったりするものも子供にとってはよい目標になるので楽しみながら続けることができます。

 

水泳は子供にとってメリットの多いスポーツです。

体力の向上だけでなく、運動不足の解消や喘息の改善など健康面でのメリットもありますし、親側の負担が少ないことも大きなメリットです。

目標設定もしやすく、努力して目標をクリアするという経験をつむことができるのも魅力のひとつといえるでしょう。

泳ぐことができないと学校のプールの授業がつまらないなんていう子も中にはいますので、学校に楽しく通ってもらうために初めてみるのもよいかもしれません。

学校の授業だけではなかなか正確なフォームを身に着けるというのは難しいものです。

プロの先生に指導してもらうだけであっというまに泳げるようになる子もいます。

自分は泳げないけど子供には泳げるようになってほしいという人はぜひ習い始めてみましょう。