Skip to content

習い事成功のカギは先生との相性だった!まずは子供に印象を聞いてみよう

習い事を始める時、何を習うのかについてばかり気にかかってしまう傾向にありますが、実は何を習うのかよりも重要なの先生との相性です。それは先生との相性が良くないと教わろうとする意欲も低くなりがちですし、子供の成長の幅も少なくなってしまうという理由があります。

習い事で成功を収めている例の場合、ほぼすべてのケースで当てはまる共通項として先生と意思の疎通がしっかりと出来ていたりお互いにリスペクトしあうことが出来ている関係、という点がありますので習い事を始める時にはそのあたりも考慮して選ぶのが重要です。

 

どんな習い事でも先生との相性は重要です

これはスポーツでもその他の事でも同じことで、人間同士ですのですべての人と好相性ということの方がまれということが出来ます。先生も人間ですので、公平にしているつもりでも良く見るとえこひいきをしているというケースは少なくありません。えこひいきをしている現場にいる子供は心境も複雑になりますし、楽しんでおけいこごとに集中することが出来なくなるケースもあります。ひいきをしていなくても人と人、ということを考えるとすべてのケースで初めから相性が良い事ばかりではありませんので、親はそのあたりに配慮して観察することが重要と言えるでしょう。

嫌々通っていても子供も楽しくありませんし、習っていることがしっかり習得することが出来ないというケースは少なくありません。集中して習い事で学ばせるためには先生とのコミュニケーションは必要不可欠です。初めに面談がある場合には、そうした点についても適正があるかを推し量ることが必要です。

子供に印象を聞いてみる必要性とは

習い事の見学のイベントなどをもうけているところは多く、親子で見学してみたところ子供がやってみたいといったので習わせることにした、というケースは少なくありません。確かに見学の時には好印象だったので通うことにした、ということは多くありますが実際に習い始めて見たところ、初めの印象とは違うようだということもあります。そのため、子供に逐一様子を確かめてみるという作業は面倒でも行ったほうが良いですし、先生の印象はその習い事を成功させる大きなカギですので、合っていないようならすぐに他の対策を考える必要があるでしょう。

あきらかに指導の仕方がおかしいというケースはあまりないかもしれませんが、子供は一人一人異なる個性を持っていますので、それを理解して指導してくれる人なら良いですが、誰に対しても同じような指導方法の場合は合わないということが出てくることも少なくありません。一人一人の個性に対応した指導方法を練ってくれる先生もいますが、すべての習い事でそうした指導が受けられるわけではありませんので、効率よく習い事をさせたい、スピーディーに技術を習得させたいという場合にはまずは子供に毎回のレッスンに関する印象を確認するのが得策です。

中には意地の悪いことを言ってくる人や、やる気を失ってしまう指導方法というケースもあります。上手くいっていなくても子供を責めるようなことをせずに、様子に興味を持っているという立ち位置で聞いてみると良いでしょう。順調にいっていないようであれば子供と一緒に今後について話し合うことも必要です。

相性が合っていない場合の対処法

習い事で、先生との相性が合っていない場合はやめてしまうというのが一般的かもしれません。確かに、相性が合っていない状態で続けていても伸び悩むことが多いですし、それは楽器や学習などなんにでも共通しています。

例えば、学習塾などでも塾をかえた途端に驚くほど成績がアップするというケースも少なくありません。それくらい教わる側と指導する側の相性は習い事にとって最も重要と言えますし、お互いに何らかのリスペクトする部分が無いと成り立たないとも言えます。
もともとは習ってみたくて始めた事でも、初めて見たら先生と合わないということは少なくありませんので、そうした様子を親が確認できた場合は可能であれば先生と面談をする際にそれとなく探りを入れたり、面談が無いケースでは他の父兄に様子を聞いてみると良いでしょう。

他の父兄も同じような印象を持っている場合には、その習い事自体が指導能力を欠いていることになります。習い事の先生と言っても意識の高さは人それぞれです。なるべく意識が高く指導に熱心な先生に教わりたいと保護者なら考えてしまいがちですが、理想に反した指導をする先生も中にはいます。そうした場合、思い切って他の習い事に通わせた方が伸びるケースも少なくありませんので、そのタイミングを計る意味でも様子をよく観察して、毎回充実したレッスン内容になっているかを見極めましょう。月謝を払ったり送迎しているだけでは伸びない、というケースでは先生との相性が合っていないケースが見られます。無理をして合わない人から教わるより、他に移ることで伸びるケースは多くあるのが実情です。