Skip to content

子供の習い事でテニスを始める際にかかる道具の費用はどれくらい?

国内の有名選手の活躍によりテニスは注目度が上がっているスポーツです。

男女ともに活躍できるので習わせたい習い事でも上位に入っています。

有名選手に憧れを抱くお子さんも多いでしょう。

テニスには子供の習い事としてピッタリな点がいくつかあります。

 

運動能力を鍛えるだけでない多くの魅力がある

子供の習い事にテニスを選ぶメリットはたくさんあります。まずは総合的に運動能力をつけられる点です。

テニスの動作はラケットで打つだけではありません。実際の試合では走る・跳ぶ・打つと色々な運動能力が問われます。ボールが飛んでくるスピードと方向を判断することで初めて打ち返せるのです。

判断する動体視力だけでなく、走る体力と打ち返すための筋力を使います。総合的に運動能力を高められるのです。

また、強さを問わず誰でも試合に出場できます。サッカーや野球などチームで行うスポーツはどうしても出場人数が限られてしまいます。レギュラーになれないと出場機会に恵まれないこともあるのです。テニスは個人競技なので団体戦を除けば誰でもチャンスがあります。

個人競技では、相手との心理戦も重要となります。一球一球をどんな風にどれくらいのスピードで打ち返すか頭で考えつつ体も動かします。思考力や戦略性も養えるでしょう。

そして、テニスはメンタルとの戦いです。一人で行うので自分のメンタルの状態がプレイに現れやすいです。強い選手でもメンタルのコントロールができていないと格下の選手に負けてしまうこともあり得ます。自分のメンタルを把握してコントロールするのは個人競技ならではです。メンタルをコントロールできればスポーツだけでなく将来の仕事や生活でも役に立つでしょう。

最後のメリットは一生続けることができる点です。コートでは若い人だけでなくお年寄りも盛んにプレイしています。子供のころから始められて意志があれば一生続けられます。習い事だけでなく趣味としてもおすすめのスポーツです。

 

レッスン料はスクールによって違う

テニスはラケットを使用するので体がある程度大きくなる必要があります。そのため、ほとんどのスクールは4歳前後から入会できるようになっています。

就学前のクラスでは本格的には行わずにラケットを使った運動や遊びが中心です。ラリーなどの練習や試合は小学校に上がると多くなります。有名なテニスプレイヤーもほとんどが小学校入学前後で始めています。就学前のお子さんなら軽く楽しむ気持ちで始め、本格的に習うのは小学校入学前後くらいがいいでしょう。

そして、重要なのがお子さんを通わせるスクールにかかる費用です。相場はレッスン回数・場所・コースによって変動します。場所に関しては屋外コートの方が比較的レッスン料が安めです。また、試合会場の環境に近いコートで習えるメリットもあります。一方で雨天だと練習ができなかったり、夏場は蚊などの虫が寄ってきやすいのが難点です。

屋内コートなら雨に濡れることなく予定通りしっかりレッスンできます。日焼けもしませんし、冷暖房が完備されているなら気温を気にせず快適な環境で練習ができます。屋外で90分なら月3.000~5.000円、屋内で90分なら月6.000~8.000円ほどとなるでしょう。

都心部で高品質の設備なら1万円以上かかる所もあります。レッスンは個人レッスンと集団レッスンがあります。集団で教えてもらうと指導が行き届かずに悪い癖がつきがちです。本格的に習わせたいなら個人レッスンにしましょう。

マンツーマンで指導すれば子供の能力を確実に上げられます。個人レッスンだと90分で月3.000~1万円とコース内容によって変動します。また、学年によって費用が決められているスクールもあります。

 

習うには道具代にかかる費用も必要

テニスを続けるには単にレッスン料を支払うだけでは足りません。他にも様々な道具代がかかってきます。

まずはラケットです。特に強い選手となると常に数本はラケットを持ち歩いています。重さ・ガット(糸を張る力)が異なるラケットを持つこともあります。

試合中に糸が切れてしまったら大変です。そのため、特に出場機会が多い選手はサブ用にラケットを2本ほど持っています。本格的に習うなら本数は考えたほうがいいかもしれません。値段は高いと1本8.000円ほどとなります。ネットで購入すると安いので値段が気になる人は購入してみましょう。

次は専用のシューズです。お子さんに習わせるなら普通のシューズでも十分やっていけます。練習するほど痛みやすいので、できれば靴底のグリップ力が高いシューズをおすすめします。

ラケットは定期的にガットの交換も必要になります。切れたり伸びたりするので1ヶ月に1回は交換しましょう。お店に頼むと新しいガットの購入と交換費で2.000~3.000円ほどかかります。

ガットだけでなくグリップテープというものも必要です。柔らかめのグリップテープはラケットを巻くための大事なアイテムです。消耗すれば汗で滑ったりボロボロになりやすいです。グリップテープの交換は500~1.000円ほどで1~2週間で交換します。

ラケットの数が多くなるほど出費も細かく出ます。

 

テニスは運動能力・戦略・メンタルなどあらゆる能力が鍛えられます。スクールごとにレベルに合わせたコースが用意され、費用も幅広い習い事です。お子さんに何か習い事をさせたいなら、一度体験してラケットを握ってもらいましょう。

少しでも興味を持っているならぜひスタートしてください。本格的に始めたいなら小学校入学後でも充分可能です。スクールを選ぶ際は、習う場所や費用などを複数比較することで最適なスクールを選べます。体験レッスンもできれば2~3箇所は受けておきましょう。