Skip to content

共働きでも通わせやすい習い事とは?

最近は共働きの家庭も多くなってきています。

母親もある程度、子供が大きくなってきたら、働きに出かけたり、仕事を復帰する方なども多く、どんどん共稼ぎの方が増えています。

働くことによって、家族の生活費や娯楽費などを稼いだり、家庭によって理由は様々です。

しかし共稼ぎをすることによって、家事に使う時間が少なくなってしまったり、家族との時間にも限りがあったりします

そして子供も学校から帰ってきたら一人の時間もあったりする場合もあります。

そこでお薦めなのが習い事をさせるという方法です。

 

その子供にあったスクールを探す

習い事は、学校では学ぶことが出来ないものや、またその技術を特化して学ぶことができます。

幼稚園や小学校になったら、そろそろ自分の子供もスクールに通わせようと考える方も増えてきます。

どのようなスクールに通わせたらいいのかなど悩みますが、その子供に合ったものや年齢、親の考えによってスクールを選んだり、女の子や男の子などの性別によっても違ってきます。

子供がやりたいと言うものをさせてあげるのが一番ですが、習いに行く場所や価格などによっても選び方は変ってきますので、その時のその子供に合ったものを選ぶようにします。

スクールを選ぶ理由として、友達と一緒に行くことができるからという決め方もありますが、子供が小さなうちは、一人で行くのは不安な場合もあって、通いたくないとなってしまうこともあります。

ですから、友達と通うことによって、楽しく行くことができますし、そのうちまた新しい友達を作ることもできます。

親も友達と通うことによって、自分の子供の成長スピードなども比較することが出来ますし安心です。

 

共稼ぎにはスクールバスがあると便利

共稼ぎをしている方にとって、ありがたい習い事は、送迎を行なってくれるスクールバスがあるというところです。

最近は共稼ぎの方も多くなってきて、なかなかスクールに通わせるのが難しいという家庭も増えてきています。

スクールには通わせてあげたいけれども、そのスクールまで送る時間がないという方もいます。

そういった方に便利なのが、スクールバスの存在です。

スクールバスがあるスクールの場合は、自宅の近くの乗り場からバスに乗って、スクールまで送ってくれるので、親がスクールに行って送迎を行なわなくても通えます。

また子供が小さくて、なかなか自分で用意してバスまで行くことができない場合は、通わせることは難しいですが、自宅から用意して自分でバスに乗ることが出来れば、共稼ぎでもスクールに通うことができます。

そしてスクールが終れば、またバスに乗って帰ってくることができます

スクールバスを待つ場所や、かかる時間などは、まずはスクールに行って確認しないといけないですが、自分で行くことができるのならば問題ないです。

スクールバスがあるスクールは、最近いろいろあるので、その子供に合ったものを選ぶことができます。

 

共稼ぎの場合は工夫して通わせる

また共稼ぎをしている方の場合は、自分が休みのときに通うことが出来るスクールに通わせることがお薦めです。

二人の休みが違う場合は、それぞれ担当を決めて送り迎えをすればいいですし、どちらも土日が休みの場合は、遊びに行く日が少なくなってしまいますが、一日をスクールの日にすることによって、両親が働いている場合でもスクールに通わせることができます。

友達にお願いして通わせたりすると、後で問題になってしまったり、友達が辞めるときに通うことができなくなったりするので避けたほうがいいです。

共働きの場合は、家計に余裕も出てくる場合も多いですが、時間がないのが問題です。

ですから、休日を利用して通わせるようにしたり、またスクールバスがあるところを探してみたり、また通学の途中など通いやすいものなど探してみると、結構見つかるものです。

それに幼稚園などの場合は、幼稚園の中にスクールがあるところなどもあるので、うまく利用すればスクールに通わせることができるようになるので、地域のコミュニティなどで聞いて同じような人はどのようにさせているのかなど参考にすると、なかなか共稼ぎでスクールに行くことができなかった方でも通うことが出来たりします。

 

たくさんのスクールがあるので、何を自分の子供に通わせたらいいのかなど悩みます。

費用や、スクールの距離なども関係しますし、何個も通わせると子供にも負担になってしまうので悩みます。

中でも最近は共稼ぎの方も多くなってきているので、時間がないという点があります。

通わせたい気持ちはあっても、通う時間がない場合は、工夫をすることによって通うことが可能になります。

まずは、スクールによってはスクールバスが走っている場合があります。

自分で通うことができる場合は、このスクールバスを使って自分で通ってもらいます。

また自分で通うことができない年齢の場合は、夫婦のどちらかの休みの曜日に通わせたり、土日が休みの場合は、その時に通わせたり、スポーツ系のスクールは親も観戦できるので、子供の成長を確認しながらスクールに通わせることもできます。