Skip to content

子供の習い事の為に一人で電車に乗らせるメリットとデメリットは?

子供に習い事をさせるとき、自宅からの距離というのは1つのポイントです。

基本的に自宅から近いほうが通うのが楽ですが「月謝が安い」や「評判が良い」などの理由で遠い教室に通わせるほうがメリットは高いこともあります。

この場合、子供に一人で電車に乗らせるケースもあり、親としては少々不安です。

 

メリットは社会を学ぶ機会を持てること

習い事のために子供が一人で電車に乗るメリットは、社会を学ぶ機会を持てることです。一般的に小学生や中学生の年代では、一人で電車に乗る機会はそう多くはないでしょう。

高校は小学校や中学校のように各地域に学校が設置されているわけではないため、高校生の年代からは乗車回数が一気に増えます。高校生以下の年代で乗車回数が多いと、高校に進学してからも通学で戸惑うことは少ないです。

すでに習い事で何度も一人で電車に乗っているわけであり「車内のマナー」や「時刻表の見方」など基礎知識を学べていることはメリットです。その他「切符を失くしてしまった」や「発車時刻が遅れている」など、様々な状況の対処方法も習得できます。これらを一言に社会勉強と考えると、子供が一人で電車に乗るメリットは十分にあります。

 

デメリットは自宅と教室の往復が大変なこと

一方、デメリットになるのは自宅と教室の往復に時間がかかってしまうことです。自宅から教室まで30分かかるとすると、往復で1時間です。1日の時間を効率的に考えるのであれば、基本的に目的地までの往復時間が長いほど非効率です。

例えば、往復1時間を30分に短縮することができると、浮いた30分で学校の宿題に専念させることもできますね。社会人の就職や転職でも、通勤時間は重要なポイントと捉えている人はとても多いです。

それと同じで、子供にとっても習い事のためとはいえ、往復時間が長くなってしまうのであれば徒歩で通える近場の教室へ行きたいと思う子もいるでしょう。

その他、帰宅時間になっても子供が帰ってこない場合、親としては大きな不安を感じます。ここが最大のデメリットに感じる親御さんは多いでしょう。携帯電話を持っているなら連絡をして状況を確認することができますが、連絡手段がない場合は待つしかありません。このような状況を想定して、携帯電話を持たせておくのは1つの対処方法となります。

また、教室へ通う負担を軽減してあげることも大切であり、車を持っているなら最寄り駅まで送り迎えしてあげるといいですね。

 

自宅からの距離と目的を明確にして習い事を決めよう

習い事のために子供に一人で電車に乗らせるのは、メリットもデメリットもあります。ポジティブに考えるなら、社会を学ぶ良い機会です。ネガティブに考えるなら、往復に時間が掛かかることに加えてトラブルに遭遇する可能性が不安です。

一般的に「電車に乗らせてまで習い事に通わせる必要があるのか?」は、個々によって意見は様々でしょう。地域によってはそうしなければならないケースがありますし、目的によってはそうするほうがメリットが高いこともあります。

プロスポーツで活躍している選手の中には、幼少期に自宅からかなり遠いスクールへ通っていた方もいます。同じ年代の子と比較しても豊かな才能を感じ、ご両親が指導実績の高いスクールを探して通わせることを決断したといった話は珍しくありません。

結論として、基本的に子供の習い事は少なからず自宅からの距離が重要であることは間違いありません。往復が長時間になる場合、宿題をやる時間や遊ぶ時間が削られてしまいます。そうした生活は本人にとってもストレスであり、今まで興味を持っていた習い事をやめたいと思うようになるケースもあります。

電車に一人で乗らせること自体はメリットもデメリットもありますが、そこまで重要なポイントではありません。携帯電話を持たせたり最寄り駅まで車で迎えに行くなど、デメリットを緩和させる手段もあります。

第一に考えたいのは、本人の意思や希望です。それに合わせて、目的に合った教室を一緒に選んであげるのが好ましいですね。本人が電車に乗って往復時間がかかっても、その教室へ通いたいというならサポートしてあげるのが良いでしょう。逆にそうした意思や希望を持っていないなら、あえて遠方の教室を選ぶ必要もありません。自宅の近くにある教室を軸に最適なところを探してあげるのが、最善なのではないでしょうか。

 

子供の習い事は様々な教室を比較検討しますが、気になる教室へ通うためには電車に一人で乗らせることもあります。そのような場合に「メリットは?」や「デメリットは?」などを素朴な疑問として感じることがあるわけですが、基本的には考え方や目的によって良し悪しは変わります

一概にメリットとデメリットのどちらかの比重が極端に大きいという答えはないため、本人の意思や希望を尊重しながら教室を探していくのがベストです。もし、それでも遠方の教室へ通わせることになった場合は、携帯電話を持たせたり送り迎えをするなど、不安や負担を軽減できる方法でサポートしてあげましょう。