Skip to content

人気の習い事、英語はいつから始めるのが効果的?

最近は習い事以外でも小学校で英語教育が取り入れられていることもあり、いつから英会話を始めるべきかを検討している親が多いです。幼い時から英会話を始めるのは昔は特別な事のように思えましたが、実は最近は自然になりつつあります。

何歳から始めればいいと言う決まりは特にありませんが、3歳から5歳くらいから始めるのが理想的です。かなり本格的に英語を習得したいのであれば、赤ちゃんの時から英会話の発音を聞かせることで読み取る力が養われます。

子供の頃から英語を習い始めるべき?

実際に単語の意味を吸収できるのは3歳からです。この頃から子供の脳は急速に発達していきます。耳による聞き取りができるのは赤ちゃんの頃ですが、単語や文法を聞き分けて覚えていけるのは3歳からで、中には発音を始めるお子さんもいます。生活の中で英会話をたくさん取り入れることでどんどん吸収していける時期です。

5歳になると覚えるだけではなく、自主性が出てきてどんどん飲み込みが早くなります。もっとたくさん学びたいと言う意欲が出てくるほど自然に英語が体に入っていくので、無理に脳を動かす必要がありません。覚えなければいけないと思うと脳を無理に動かす可能性が高いです。無理に動かすことで習得が遅くなるのでお勧めできません。

5歳からは自主性を持たせるような教育方法を推奨します。英単語などを早く習得するためには耳をフルに使うことです。子供の頃は聴覚で感じることが素直に脳に伝わりやすいので、耳から聞き取ることで多くの英単語を習得できます。まずは響で感じ取ってから意味を覚え、自らが発声していくと言う順番が好ましいです。

英会話を始めるのが早い方がいい理由

英会話はできるだけ早く始めた方が良いです。とはいっても、無理やり詰め込むようなやり方ではうまく覚えられません。興味を持つように仕掛けながら、自発性がある中で覚えていくことです。幼い頃の方が吸収が早いので、そのような環境作りができればあまり苦労せずに英語が身に付きます。また日本語に慣れすぎてしまうと、日本語から英語を考えるようになるので、覚えようとした時にスムーズに思考が動いてくれません。

例えば大人になってから習い事で頑張って英文法などを学んでも、なかなか頭に入らないケースが多いです。それは日本語の文法がもう頭に入ってしまっていることが原因の可能性が高いです。するとスムーズに覚えられないので拒否反応が起こってしまい、途中で挫折する人が多く見受けられます。頑張って覚えようとすればするほど、肩に力が入って英語で話すことが自然ではなくなります。しかし子供の頃は日本語の知識があまりないからこそ、英単語などを特別な言葉として解釈するのではなく、覚えたい言葉の1つとして受け入れられます。そういう意味で幼い頃は吸収が早く効果的と言えます。

また子供の頃から英単語や英文法に習い事などで触れておくことで、日常にある日本語を覚えるように自然に吸収できます。拒否反応が全くなくなるのでスムーズに身に付けられます。頭で一度拒否反応が起こってしまうと、それを取り払うのは意外に困難です。拒否反応を作ってしまわないためにも幼い頃から触れておくことをおすすめします。何よりも楽しむことが一番効果的で、楽しいと思ってもらえる環境作りがポイントになります。

幼い頃から始める二つのメリット

英文法に早くから触れることで得られるメリットは二つあります。まずは音から覚えられることです。赤ちゃんの頃は音を聞き分ける力が特に優れています。そこから成長するにつれて必要、不必要な情報を振り分ける能力も出てきますが、生まれたての頃はコミニケーションを取るためにお母さんの声や周辺の音を必死で聞こうとしています。だからこそ英単語や英文法を聞かせると、必死になってその響きに耳をすませます。

目で見ようとする能力も発達していますが、それよりも聴力の方が発達しています。まずは何にでも反応して興味を持つところから始まって、成長していくにつれて情報の振り分けをしていく特徴があります。だからこそ早くから英単語の響きを聞かせておくことで必要な情報だと思い、音からどんどん吸収できます。成長しても必要な情報だと判断している限り覚えようとしなくてもスムーズに記憶できるので効果があります。

もう一つのメリットは、幼いからこそ習い事をしておくと習慣にしやすいことです。年齢とともに自我が目覚めてくると習慣に従えない性格も出てきます。早いうちから家の中での英会話を習慣付けしておくと、当たり前のように発音できるようになります。わざわざ触れようとしたり根気を入れて習慣にしようとしなくても、早いうちから日常に取り入れていくことで英語との距離が身近になります。勉強しようと特別に考えるのではなく、距離が近くなることでどんどん話せます。距離を縮めるためには早くからの習慣付けが必要ですから、幼い頃から習慣付けするメリットは大きいです。