Skip to content

ダンススクール
(エイベックス・ダンスマスター)

コミュニケーション能力を伸ばせる習い事として人気があるのはダンススクールです。
運動神経やリズム感を養えるダンスは、実はコミュニケーション能力を伸ばすという面でも大きなメリットがある習い事です。近年では小中学校でダンスがカリキュラムに採用されていて、子供にダンスを習わせることはより良い人生を送るために役立つものと考えられています。

ダンススクールとして人気が高いのは有名なエイベックスグループが提供するスクールで、全国に拠点があるのでどこにいても利用しやすくなっています。ただし、費用は高めであるのでしっかり検討する必要があります。

 

小中学校でも導入されている「ダンス」

近年、小中学校のカリキュラムにも導入されているダンスは、学校以外の習い事としても人気が高い分野です。男の子・女の子問わずに人気があり、スクールで教えてくれるダンスの種類もヒップホップからフラダンスまで豊富に用意されています。

学校でダンスを習ったことのない大人からすると「ダンスは若者が趣味でやるもの」と思ってしまいがちですが、実は子供の頃からダンスに触れることにはたくさんのメリットがあります。
ダンスを習うメリットとしてまず考えられるのは、運動神経とリズム感を養えるというものです。ダンスは全身を激しく動かして自分を表現するものであり、全身運動を行うことになります。筋力はもちろん基本的な体力や持久力など、運動に関係する能力を総合的に鍛えることが可能です。

ダンスが通常のスポーツと大きく異なる点は、音楽に合わせて踊るためリズム感が要求されるということです。リズム感というと音楽に携わる人だけに必要なスキルに思えますが、実はリズム感は様々な分野に活かされる万能のスキルなのです。大人になってからリズム感を養うのは苦労することが多いため、子供のうちから身に付けておけば間違いなくその後の人生に役立つことでしょう。

ダンススクールではコミュニケーション能力も伸ばせる

運動神経やリズム感を伸ばせるダンススクールですが、実はコミュニケーション能力を伸ばすという観点からもメリットは多くなっています。
子供は仲のいい友人や集団の中だけでコミュニケーションをしようとする傾向があり、よく知らない人に対しては排他的な反応を示してしまうこともあります。また、コミュニケーションというよりも一方的に自分の気持ちや話したいことだけを伝えてしまう子供も多く見受けられます。

大人になるにつれて集団での行動が必要となっていく日本の社会を上手に生きていくために、コミュニケーション能力は必須です。学校でダンスが教えられるようになったのもこういった背景が存在していたためかもしれません。

ダンスは「人に伝える」という本質が根底にあるため、レッスン中の言葉での表現はもちろん身体を動かしてコミュニケーションを取る力も養われます。不特定多数の子供達と共にレッスンを受けることは、集団行動の必要性や他者を尊重することの大切さを学ぶことにつながるのです。

エイベックスグループが提供するダンススクールが人気

ダンススクールとして人気が高いのは、エイベックス・ダンスマスターです。有名なエイベックスグループが提供しているダンススクールで、エイベックス自体は全国に170拠点もの提携スクールを持っています。ダンスを教えてくれる講師は全員が独自のインストラクター認証プログラム審査に通過し、現役のプロダンサーとして活躍している人から指導を受けられます。

キッズ部門は7歳~12歳が対象年齢となっていて、コミュニケーション能力を育んでくれるダンススクールという目的でつくられました。ただし有名企業が行なっているスクールであるため、相場よりかなり費用は高くなっています。「習い事にはお金をかけたい」という人であれば検討してみてもいいかもしれません。