Skip to content

武道
(フィールズアカデミー)

古くからの習慣であった日本固有の年功序列は崩れ始め、個人の能力が評価される時代になってきました。そんな時代だからこそ、マナーや礼儀作法など「人との関わり方」が重要視されています。

「礼に始まり礼に終わる」という言葉の通り、マナーや礼儀作法を子供に身に付けさせるには空手を始めとする武道はぴったりな選択肢です。基礎体力の構築や護身術になることは言うまでもありませんが、精神面でも動じない強さを身に付けることができるでしょう。「空手教室はなんだか厳しそう」と不安な人でも大丈夫。習い事として人気の空手教室は、スクールによって違った特色があります。厳しく叱ってくれるところもあれば、優しくニコニコ指導してくれるところなど、選ぶスクールによって指導法は全く異なるのです。

おすすめの空手教室は、日本初となる幼稚園・保育園に通う子供を対象とした全国展開の空手教室フィールズアカデミーです。幼少期から10~30年程度の空手経験を持ち、国内外の第一線で活躍した選手が講師をしています。教員免許や保育士免許など子供の指導についての資格を持っている人もいるため、安心して任せることができるでしょう。

 

マナーや礼儀作法を身に付けさせたいなら武道(空手)がおすすめ

「礼に始まり礼に終わる」それが武道全般に共通する理念です。子供に礼儀作法を身に付けさせたいのであれば、武道はぴったりの選択肢です。基礎体力の構築や護身術を覚えられることはもちろん、精神面でもちょっとやそっとでは動じない強さを身に付けることができます。このように、武道は様々なメリットのある習い事なのです。

そんな武道系の習い事として以前から根強い人気があるのは空手です。空手は中国拳法から派生して沖縄を中心に発達してきた古くからある武道です。

空手教室は全国にたくさんありますが、スクールによって指導法は全く異なります。空手のことだけを教えてくれるところや日常生活に関係する礼儀作法や言葉遣いまでを教えてくれるところ、厳しく叱る先生や全く叱ることのない先生など、多種多様となっています。どのスクールが良いとは一概には言い切れませんが、共通して言えるのはどのスクールでも学校では教われないような礼儀作法を学べるということです。

個人が評価される時代だからこそ礼儀作法が重要視される

徐々に日本固有の年功序列が崩れ始め、現代社会では個々の能力面が重視されるようになってきました。個人が評価される時代だからこそ、他者に対しての礼儀作法は非常に大切なものとなります。

また、毎日のニュースで流れる不安な話題は自分で自分の身を守る大切さを実感させるものとなっています。いざという時に自分の身を守れるよう、空手などの武道を習っておくのは価値のあることです。

日本初!幼稚園・保育園に通う子供を対象とした全国展開の空手教室

おすすめの空手教室として紹介したいのは、フィールズアカデミーです。フィールズアカデミーは幼稚園や保育園に通う年齢の子供を対象とした空手教室に特化しています。こういった事業展開は日本初であり、全国での会員数は2,000人ほどとなっています。

指導してくれるのは幼少期から10~30年程度の空手経験をもつ講師で、国内外の第一線で活躍した選手となっています。教員免許や保育士免許など子供の指導についての資格を持っている人もいるため、安心して任せることができるでしょう。独自のメソッドにより、集中力や観察力、コミュニケーション能力を養ってくれるスクールです。

空手教室の月謝相場は3,000~9,000円ほどで、気軽に通わせることができます。武道から子供を成長させてみるのもいいかもしれませんね。