Skip to content

幼児教室
(キッズアカデミー)

幼児期の脳はまだ完成しきっていないため、その期間にどういった教育を行うかで子供の成長が大きく変わってきます。最近人気が上がっている習い事が、0歳から8歳程度までの幼児を対象として行われている幼児教室という習い事です。

多くの幼児教室では豊かな人間性の形成を目的とした教育が行われています。遊びやコミュニケーションをメインとして子供の知能や協調性を育んでくれるところが多いですが、小学校の受験対策を行ってくれる幼児教室も存在します。どういった目的で子供を通わせるのか、しっかりと考えて利用するのがいいでしょう。

内面的な成長はもちろん身体能力を向上させることができるカリキュラムを用意してくれているところもあり、大きくなってから役立つ力を総合的に伸ばしてくれる習い事となっています。

幼児教室で人気が高いのは全国に180の教室を展開しているキッズアカデミーです。2歳以上の子供を対象に「考える力」を育む知能教育を行ってくれます。講師は子育て経験がある人や現在子育て中の人が中心であるため、安心して任せられます。レッスン料をはじめとする費用は少し高めであるため、しっかり検討して決めましょう。

 

人気上昇中の幼児教室という習い事

最近注目を浴びている習い事が、0歳から8歳程度までの幼児を対象とした幼児教室です。一般的な学習塾のように計算や語学などの勉強をするものではなく、幼児期に適した教育を行ってくれるものです。もちろん早い段階から勉強に取り組むことや小学校の受験対策を行うところもあります。

しかし多くの幼児教室では遊びやコミュニケーションをメインとしたカリキュラムで子供の知能や豊かな人間性を育むことに重点が置かれます。それぞれの幼児教育では独自のカリキュラムが展開されていて、英語に慣れ親しむカリキュラムや音楽に触れて楽しみながらリズム感や身体を動かす楽しさなどを身に付けていくカリキュラムなどがあります。それ自体の習得を目的として行うのではなく、「慣れ親しみ楽しむ」ということがポイントです。

豊かな人間性を形成することが目的

幼児教育の目的は豊かな人間性の形成です。幼い頃から他者と関わることで協調性を身につけることができ、他の人の意見にも耳を傾ける寛大さが生まれます。自分の意見を一方的に投げつけるだけの会話ではなく、会話のキャッチボールによるコミュニケーションを取れるようになります。

さらに、自分が今どんな気持ちなのか、どんなことを考えているのかなどを適切に表現できるような表現力を育むこともできます。子供が大きくなりもっと多くの人と関わるようになった時に、幼児教育は間違いなく活きてきます。

内面的な成長はもちろん身体能力を向上させることができるカリキュラムを用意してくれているところもあり、大きくなってから役立つ力を総合的に伸ばしてくれる習い事となっています。

全国に180の教室を展開する協調性を伸ばす幼児教育

おすすめの幼児教室は、全国に180の教室を展開し、2歳以上の子供を対象として知能教育を行ってくれているキッズアカデミーです。「考える力」を育むことをテーマに教育が行われ、講師は子育て経験がある人や現在進行形で子育て中の人を中心に構成されています。

8歳になるまでは脳が完成しきっていないため、どういった教育を行うかが非常に重要になってきます。文字や単語を覚えたり計算をしたりといった教育ではなく、図形などを活用して学びながら遊び、脳の発達を促進することが主な内容となっています。そうすることでより高度な思考力や記憶力を身につけることが可能です。

レッスン料をはじめとして各種費用は少し高めであるため、よく相談して決めるのがいいでしょう。